肩こり頭痛の原因と対処法とは?

スポンサーリンク

ようこそ「肩こり頭痛.com」のサイトへ!
私は「肩こり頭痛コンサルタント」の浜崎と申します。

 

「肩こり頭痛」とは?

 

肩こり頭痛は別名「緊張型頭痛」とも呼ばれていて、頭痛の中でも最も症状を
訴える患者さんが多い、いわば「国民的な頭痛」とも言えます。

 

「肩こり頭痛」の症状

 

肩こり頭痛は、肩から首筋、背中にかけての筋肉が、固くこわばってしまい、
血流が悪くなってしまうので、発症します。
ゆえに、その症状とは、肩こり・首こり・背中こり・頭痛となります。

 

また、頭の側面だけが痛くなる偏頭痛(片頭痛)や、ふわふわと感じる
めまいや、吐き気なども、症状に出ます。

 

「肩こり頭痛」の原因

 

肩こり頭痛の原因ですが、一番多いのが「長時間、同じ姿勢で過ごす」ことです。
仕事場や家庭において、今やパソコン・スマホ・ゲーム機などの機器の
存在を欠かして、私たちの日常生活を語ることは出来ません。

 

また、通勤などで、自動車を自分で運転する方も急増しています。
このような現状にあって、「長時間、同じ姿勢で過ごす」ことを、
しないで、私たちはもう、生きては行けないのです。

スポンサーリンク

そして、「長時間、同じ姿勢で過ごす」ことは、精神にストレスをかけます。
そのストレスが溜まって、肩こりとなり、頭痛の症状が出てしまうといった、
悪循環の中で、私たちは生活しているのです。

 

「肩こり頭痛」のの解消法

 

まずはじめに、時間を決めて、ストレッチなどの軽い体操をすることです。
マラソンなどの過激な運動ですと、返ってストレスが溜まってしまいますので、
椅子から立ち上がって、軽く背伸びをするだけでも、充分な効果が期待出来ます。

 

また、高速道路を運転する時は、最長でも90分に10分程度の
休憩を取るようにしましょう。
90分とは、一時間半ですが、「脳医学」の科学的な見地から、
「成人が集中力を持続させる、限界の時間」とされています。

 

「肩こり頭痛」を予防しましょう!

 

このように、現代社会では多く場合「長時間、同じ姿勢で過ごす」という行為を
避けて生きて行くことは、大変困難な時代となっています。

 

ですからこそ、日常生活の中で、仕事も遊びもほどほどにして
軽い運動を取り入れながら、生活することが「肩こり頭痛」の予防となるのです。

 

【免責事項】
当サイトは長年「肩こり頭痛関係」で悩んできた
「私の体験談サイト」です。

 

従いまして、当サイトから得た情報による、
いかなる損害においても
当サイトは一切責任を負いません。

 

全ては当サイトを読んだユーザーの
自己判断による責任としますので、
予めご了承下さい。

スポンサーリンク