頭が痛い時治す方法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭が痛い時治す方法」についてお話します。

 

頭痛いときに、
自分自身で治す方法はないのでしょうか。

 

ここでは、自宅で簡単にできる
頭痛の対処法を紹介します。

 

まずは頭痛の種類を知る

 

頭痛には、大きく分けて
緊張型頭痛と片頭痛の2つがあります。

 

今起こっている頭痛はどちらなのか、見極めましょう。

 

緊張型頭痛は、頭全体が締め付けられるように痛みます。
首筋、後頭部も痛み、首こりや肩こりを
伴うことがあります。

 

長時間のパソコン操作や車の運転などによって
悪い姿勢を保持したためになることが多いです。

 

片頭痛は、こめかみの周辺がズキンズキンと
痛みます。動くと痛みが悪化したり、
吐き気や嘔吐を伴ったりする場合があります。

 

原因は、ストレスや心身の疲労です。

 

種類別頭痛対策方法を知る

 

緊張型頭痛の場合は、
以下の方法が痛みの緩和に効果的です。

 

・姿勢を頻繁に変える

 

長時間同じ姿勢にいることはやめましょう。

 

・首や肩を温める

 

蒸しタオルを肩に置くと血行が良くなり、
痛みが緩和されます。眼精疲労も伴う場合は、
目の上に置くのも効果的です。

 

・ストレッチ

 

両肩に思いっきり力を入れて、
すとんと力を抜きます。

 

肩の僧帽筋を意識して伸ばすと効果的です。

 

・首を回す、傾ける

 

・首の付け根にある「天柱」のツボを押す

 

・前屈する

 

などです。

スポンサーリンク

一方、片頭痛の場合は、温めずに冷やすのが鉄則です。

 

冷やしタオルや保冷剤を
こめかみや痛むところに当てましょう。

 

血管の拡張が原因と考えられているので、
冷やすと血管が収縮し、痛みがとれてきます。

 

また、片頭痛は痛むからと言って
患部をマッサージするのは症状を悪化させます。

 

無理に体を動かしたりせず、
光や音を気にしないでいられる
静かな暗いところで休みましょう。

 

頭痛を予防しよう!

 

頭が痛いと、すべてのことが嫌になります。

 

したがって、頭痛を未然に防ぐために
生活習慣や環境を改善しましょう。

 

緊張型頭痛の場合は、
ストレッチを積極的に取り入れ、
正しい姿勢をキープするようにしましょう。

 

パソコン作業は1時間に1度休憩し、
目や首が疲れないようにします。

 

また、寝具を見直しましょう。

 

枕は高すぎないか、
マットレスは柔らかすぎて
体がしずみこんでないか、確認します。

 

片頭痛の場合は、
人ごみや騒音のある場所を避けます。

 

また、寝不足に注意します。

 

実は、寝過ぎも片頭痛を起こす原因になるので、
適度な睡眠時間を毎日とるようにします。

 

いずれの頭痛も、精神的なストレスが
大きく影響している場合があります。

 

普段からできるだけ、
自分なりのストレス解消法で、

 

ストレスフリーの生活を心がけると
頭痛に悩まされることが軽減します。

スポンサーリンク