頭が痛い時のツボとは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭が痛い時のツボ」についてお話します。

 

頭が痛い時の対処法はどうしたらいいのかや、
また、頭が痛くなる原因は何なのか考えたことがある方が多いです。
原因や対処法、ツボについてご紹介します。

 

頭痛の原因!

 

頭痛の原因は人それぞれです。
ストレスから頭痛になったり、脳腫瘍や脳血管障害などで頭痛になる人もいます。
多くは心身の緊張が頭の血管を拡張することによって痛みが現れ、
「頭痛」となってしまいます。

 

対処法!

 

人によって対処法は変わってきます。
薬で治療する人や、手術しなくてはいけない人、
ツボで痛みが緩和される人など様々です。

 

しかし、痛みを和らげる「ツボ」を知っておくと自分で簡単にできますし、
気持ちがいいです。
そして気持ち的にも楽になります。

 

頭痛のツボの種類!

 

1:百会(ひゃくえ)

 

頭の上の真ん中の料耳と鼻の延長線が交わるところに「百会」のツボがあります。
指の腹でゆっくりと下の方へと自分が気持ちが良いと思う力で押します。
あまりにも強く押すともっと頭が痛くなることもあるので注意して下さい。

 

2:天柱(てんちゅう)

 

首の後ろにある髪の毛の生え際辺りを指で押して刺激します。
親指の先をツボに当てて残りの指は優しく包むように押していきます。

スポンサーリンク

3:風池(ふうち)

 

天柱ツボの辺りにある、首のくぼみに「風池」のツボがあります。
天柱と同じように親指の先を当てながら他の指は包むようにして押して下さい。

 

4:肩井(けんせい)

 

首と肩先の真ん中にあります。
そして肩の筋肉の中心に位置します。
身体の中心に向かって長く強めに押して下さい。

 

マッサージをする!

 

ツボを押しながらや、ツボを押した後などに凝りを
ほぐすような感覚でマッサージしていくと身体がスッキリします。

 

マッサージをしながらツボを押すと血行が良くなり
血液の循環がよくなるので、頭痛が和らぎます。

 

頭が痛いと何もしたくなくなり、やる気が起きなくなります。
しかし、頭が痛くてもやらなければいけないことは沢山あります。

 

そんな時は、頭が痛くなる前にツボを押して刺激したり、
マッサージをして少しでも痛みを和らげるようにすることが大切です。

 

そしてもし改善されないようであれば病院で医師に
きちんと診てもらう必要があります。
自分に合った方法で改善していくことをオススメします。

スポンサーリンク