肩こり頭痛は温めた方が良い「拡張型頭痛」!「片頭痛」は逆に冷やす

スポンサーリンク

ここでは、「肩こり頭痛は温めると良いのか?」についてお話します。

 

頭痛の種類

 

日本人の3人に1人は頭痛持ちと言われているくらい私たちにとって身近な病気です。
いつもの頭痛と軽く考えて放っておくと日常生活に支障をきたす場合があります。
そんな身近な頭痛には片頭痛と緊張型頭痛と呼ばれるものがあります。

 

片頭痛は、脳の血管が拡がって、三叉神経を刺激することで痛みが起こる
血管拡張型頭痛です。心身がストレス状態になると脳の血管が収縮します。
ストレスから解放されたときに血管が拡張されて神経を刺激して頭痛が起こります。

 

寝過ぎや寝不足、疲労、光や音の刺激でも誘発されます。
拡張型頭痛は、頭の横や、首、肩の筋肉が緊張する事で起こります。
筋肉の緊張で血流が悪くなることで老廃物が溜まって、その塊が、
周囲の神経を刺激して頭痛が起こります。

 

パソコンで長時間同じ作業をしている人に多く見られ、精神的、
身体的ストレスによって引き起こされる血管収縮型頭痛です。

スポンサーリンク

頭痛の痛みの特徴

 

片頭痛は、こめかみから目にかけてズキンズキンと痛み、
頭の片側が痛む場合と両側が痛む場合がある発作的な頭痛です。
頭の位置をずらしたり動かす事で痛みが増します。吐き気や嘔吐を伴う事があり、
痛みが2〜3日続き、周期的に頭痛を繰り返します。

 

緊張型頭痛は、午後から夕方にかけて目の疲れと共に痛みが現れます。
後頭部から首筋にかけて頭全体がギュッと締め付けられるように痛みます。
数時間で治まる場合もあれば、慢性化することで、数か月以上続く事もあります。

 

対処法は?

 

片頭痛の場合は、拡がった血管が収縮することで痛みが軽減するため、
首筋や痛む部分を冷たいタオル等で冷やします。
暗くて静かな場所で寝るのも効果的です。

 

緊張型頭痛の場合は、縮まった血管が拡がることで痛みが軽減します。
首や肩の凝りをほぐすと痛みが改善されるため温めると効果的です。
首筋、手首、足首のマッサージやお風呂でゆっくり温めると良いでしょう。

 

肩こり頭痛は、緊張型頭痛の方なので、しっかり温めて血流を良くしましょう。

スポンサーリンク