肩こりはビタミンCを摂取すると良いの?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こりはビタミンCを摂取すると良いのか」についてお話します。

 

ビタミンと聞くと美容や老化予防といったイメージがあり、
肩こりに効果があるとは思いませんよね。

 

しかしビタミンには「肩こり」の緩和が期待できるのです。

 

肩や首の周辺には筋肉が集まっており
重い頭を支えています。

 

パソコン作業や読書・重いカバンを
いつも持っている・ストレスを抱えているなど、
普段の生活から肩や首周りの筋肉を酷使しています。

 

すると筋肉は常に緊張している状態で
血流が悪くなり筋肉に疲労物質の
乳酸が溜まり肩こりの症状が出てきます。

 

肩こり改善にビタミン

 

溜まった乳酸を排出するためには
ビタミンCやビタミンB1などを摂取すると効果的です。

 

ビタミンCはストレス時にも効果的です。

 

また血行をよくするビタミンEを十分に摂取すると、
毛細血管を広げて血液の流れをよくする働きがあります。

 

筋肉の疲れを解消してくれるのは
ビタミンB1・B6・B12です。

 

ビタミンB1は糖質をエネルギーにかえ
筋肉や神経に供給してくれます。

 

ビタミンB12はダメージをうけた
末梢神経を修復してくれます。

スポンサーリンク

筋肉の使いすぎが原因の肩こりは
ビタミンB1を摂ることがポイントです。

 

このように想像以上にビタミンが
肩こりの緩和に勤めてくれます。

 

偏ることはよくありませんが、
バランスの良い食事も大切なことがわかります。

 

肩こり対策になる市販のビタミン剤

 

バランスのとれた食事が大切ですが、
もっと手軽にビタミンを
摂取したい方にはビタミン剤がおすすめです。

 

市販されているビタミン剤はたくさんありますが、
どれでもいいというわけではありません。

 

肩こり対策になる市販のビタミン剤は

 

アリナミンEXプラス・新ネオビタミンEXクニヒロ
・新キューピーゴールド・ナポリンEB錠
・アクテージSN錠・ユンケルB12です。

 

これらのビタミン剤はマッサージをすると
楽になる肩こり対策になります。

 

マッサージをしても肩こり対策にならないビタミン剤は、

 

アリナミンEXゴールド・ナボリンEB錠
・アクテージSN錠・ユンケルB12です。

 

服用時には必ず箱や中に入っている説明書をよく読み、
用法容量を正しく守って服用してください。

スポンサーリンク