頭痛外来で松戸はどこに病院があるの?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛外来で松戸はどこに病院があるのか」についてお話します。

 

千葉県松戸市に開業する
頭痛外来を設けている医療機関を紹介します。

 

・日本大学松戸歯学部付属病院

 

〒271−8587
松戸市栄町西2−870−1

 

・脳神経外科

 

歯学部付属病院にある脳神経外科なので、
頭痛を、併設する口腔外科、歯科、

 

耳鼻咽喉科、頭頚部外科と連携して、
首から上の症状すべてに対応できるような
体制ができています。

 

牧山康秀科長、廣田均医長
(両氏とも日本大学医学部脳神経外科卒業)
が診察に当たります。

 

・顎脳機能センター

 

医学的な観点からの歯科診療を行う
病院だからこそ設置が可能になった
頭・顎・顔の包括的な治療を行う外来の総称です。

 

その中に、「口・顔・頭の痛み外来」があります。

 

頭痛の要因は様々で、肩こりや首こり、
顎関節症や噛み合わせなどを治療することによって
改善する場合があります。

 

通常の総合病院であれば、
複数の診療科を回らないといけませんが、

 

このセンターには、歯科医、口腔外科医、
顎関節専門医、耳鼻咽喉科医、頭痛専門医、
脳神経外科医などが1つの外来に配置されています。

スポンサーリンク

外来責任者の小見山道医師
(こみやまおさむ・日本大学歯学部卒業)の他、

 

9名の医師が月曜日から土曜日まで毎日
「痛み歯科」「痛み医科」と分かれて診察します。

 

センターの外来を訪れた、1年間の初診患者数は
トータルで約1200名にのぼり、
うち頭痛患者は約50名ほどです。

 

・国保松戸市立病院神経内科

 

〒271−8511
松戸市上本郷4005

 

片頭痛、緊張型頭痛、
群発頭痛などの頭痛症状を、

 

脳、脊髄、末梢神経、筋肉の神経が
関連する疾患として捉え、
診察・治療を行います。

 

部長の福島剛志医師(千葉大学医学部卒業)
を含み5名の医師が交代で、
月曜日から金曜日まで毎日診察しています。

 

特に、医長の西村寿貴医師
(にしむらかずたか・熊本大学医学部卒業)は、

 

脳血管障害を専門としていて、
日本脳卒中学会の専門医です。

 

松戸市立病院には、脳神経外科もあり、
脳卒中などの脳血管障害や

 

頭部外傷、脳腫瘍などが見られる場合は、
予防的治療や外科手術が可能です。

スポンサーリンク