眼精疲労の肩こり頭痛のツボの場所は目の周りだけでは無く全身にある

スポンサーリンク

ここでは、「眼精疲労の肩こり頭痛のツボはどこにあるのか」についてお話します。

 

眼精疲労と肩こり
眼精疲労と肩こりは、筋肉に対して過度に負荷がかかってしまい、
それが原因で血流が悪くなって起こる症状です。
激しい頭痛を伴う事もあり、慢性的に発症している人は、
放っておくと日常生活に支障をきたす恐れもあるので注意が必要です。

 

実は、目の周囲にも薄い筋肉が集まっていて、
パソコンやスマホで目を酷使することで、
この薄い筋肉にも疲れが溜まります。

 

目の疲れが蓄積された状態を眼精疲労と言います。
この眼精疲労は、首や肩の筋肉まで及び、これらの筋肉が収縮して
血管が狭くなってしまう事で、血液の流れが悪くなり、頭痛が誘発されてしまいます。

 

眼精疲労による肩こりや頭痛は、集中力の低下やストレスの増加にもつながり、
仕事や勉強、家事などの効率が悪くなります。

 

眼精疲労に効くツボ

 

眼精疲労で目がショボショボする時、目の周辺を押していませんか?
眼精疲労に効くツボは、目の周辺だけかと
思っているかもしれませんが、実は全身にあります。

スポンサーリンク

目が疲れた時や、肩が凝って頭痛がする場合に押してみてはいかがでしょうか。
肩こりに効くツボで有名な肩井(けんせい)と呼ばれるツボです。
首の横から肩の上のくぼんだ部分が肩井です。

 

背中にある天柱・風池(てんちゅう・ふうち)と呼ばれるツボは、
首の後ろの2本の太い筋の外側で、髪の生え際にあたる部分で、
自律神経にも効果があります。

 

顔にある晴明(せいめい)と呼ばれるツボは、よく目が疲れた時に押さえる、
目頭と鼻のくぼみの部分です。太陽(たいよう)と呼ばれるツボは、
こめかみから目尻の間にくぼんでいる部分です。
目の充血や顔面神経痛にも効く目にとても良いツボです。

 

ツボ押しで気を付けること

 

ツボを押す時は、強く押さえれば効くという訳ではありません。
強すぎると逆に悪化してしまう場合があります。
目の周辺は、手を清潔にしてから、特に注意して、
眼球を圧迫し過ぎないようにしましょう。

 

ツボ押しは、指の腹で押すのが基本です。
気持ちいいと感じる強さでゆっくり押しましょう。
数秒押して離すを2〜3回繰り返しましょう。

スポンサーリンク