眼精疲労で頭痛肩こりの薬とは無い!ビタミンBの摂取が効果的!

スポンサーリンク

ここでは、「眼精疲労で頭痛肩こりの薬」についてお話します。

 

肩こりと眼精疲労

 

肩こり頭痛と目には非常に深い関係があります。
最近では、スマホやパソコンの普及により、
これらを長時間使用する事による体の悩みが増えています。

 

特に一日中パソコンを使う仕事をしている女性では8割以上の人が、
冷え、肩こり、眼精疲労などの症状を訴えています。
こうした症状は、血液の循環が悪くなって起こります。

 

パソコンやスマホの画面を同じ姿勢で見続けることで、
足先などの末梢にまで血液が行き届かなくなり、体の冷えを引き起こし、
さらには肩のこりの原因にもなっています。

 

また、長時間同じ画面を見続けることで、目が疲れてしまい、
眼精疲労が起こりやすくなっています。眼精疲労は目の病気だけでなく、
体にも悪影響を与えます。

 

眼精疲労の症状

 

目の疲れが激しい、よく目が乾き何度も瞬きをする、
ひどい場合は目が充血してきます。

 

さらには、目が痛い、目がかすむ、痙攣するなどが
眼精疲労とよばれる一般的な症状です。
眼精疲労は目を酷使する事が原因で起こります。

スポンサーリンク

また、メガネやコンタクトレンズの矯正が上手くいっていない事や
ドライアイや白内障といった、元からの目の病気が関係していることもあり、
精神的なストレスが原因で起こる事もあります。

 

眼精疲労と頭痛肩こりに効く薬

 

最近、市販でもよく効く頭痛薬が出ていて、
病院に行かなくても簡単に手に入るので、
早く痛みを取り除こうとして市販薬に頼ってしまいがちです。

 

眼精疲労で起こる頭痛の場合は、頭痛薬を飲めば良いという訳ではありません。
逆に頭痛薬を飲み過ぎることで頭痛に対して体が敏感になり、
痛みが我慢できなくなったり、
頭痛を繰り返すといった悪循環に陥りやすくなります。

 

なので、眼精疲労を伴う肩こりや頭痛は、
目の使い過ぎや目を乾燥させないようにするなど、
セルフケアを行いましょう。

 

眼精疲労に良いとされているのは、ビタミンの摂取が一番有効です。
ビタミンB群には、目の粘膜や末梢神経を正常に保つ効果があります。

 

ビタミンEは血行を促進して筋肉の疲労回復に効果的なので、
食事で摂取するほかに、ビタミンを多く含む
サプリメントを利用すると効果的です。

スポンサーリンク