頭痛吐き気と微熱寒気の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛吐き気と微熱寒気の時」についてお話します。

 

毎日健康で生きていけたら何の苦労もないのに、
なかなかそうにはいかない私たちの身体。

 

大小問わず何かしらの不調が起きます。

 

多くの人がなる病気として「頭痛」があります。
約3000万人以上の人が悩んでいると言われています。

 

頭痛と言っても原因はさまざまで、
頭痛だけの時もあれば
吐気がしたり、微熱や寒気を伴う頭痛もあります。

 

その時その時で頭痛にあった対処方が必要になります。

 

頭痛の種類

 

頭痛にもいろいろな種類があります。

 

1、日常的な頭痛

 

2、慢性頭痛

 

3、症候性頭痛

 

大きく分けて3種類あります。

 

「日常的な頭痛」とは冷たいものを食べたとき、
二日酔いの時など誰にでも起こる生体反応としての頭痛。

 

「慢性頭痛」とは脳自体に異常はなく、
多くの人が悩まされている頭痛。

 

「症候性頭痛」急な激しい頭痛など何らかの病気が
原因で起こる頭痛。重病や命に関わる事もある頭痛。

 

多くの人が悩まされている頭痛とは

 

「私、頭痛もちなんだよね〜」とか「片頭痛!」

 

など頭痛アピールのセリフですが、
その頭痛のほとんどは、
「慢性頭痛」と呼ばれる頭痛です。

 

慢性頭痛には、
ズキンズキンと脈打つような痛みで、

スポンサーリンク

主に緊張やストレスから解放された時に起き、
何らかの理由で脳の血管が拡張し、

 

周囲の神経が引っ張られて痛みが起こる

 

「片頭痛」

 

こめかみから頭の周りを締め付けられるような痛みで、
身体的・精神的ストレスにより起こり、
頭の横や肩や首の筋肉が緊張する事で起こる

 

「緊張型頭痛」

 

アルコールや喫煙が誘因と言われているが、
未だ発症のメカニズムが解明されておらず、

 

中でも痛みが激しいと言われており、
群発地震のように一度痛みが発症すると、

 

1〜2ヶ月程毎日のように痛みが続き、
半年〜3年経つとまた頭痛を繰り返す

 

「群発頭痛」

 

と大きく分けて3つのタイプがあります。

 

頭痛と一言で言ってもいつも同じ痛みとは限らない、
痛み方で原因が変わっていきます。

 

「ただの頭痛」

 

と思わずに、その都度セルフチェックし、
少しでも楽になるように対処しましょう!

 

また、頭痛で吐き気と微熱があり、
寒気まで伴うのであれば、原因は風邪です。

 

まずは、市販薬を飲んで安静にし、
それでも治らない時には、
早めに病院へ行き、医師の診断を受けて下さいね。

スポンサーリンク