頭痛吐き気の薬で市販のものとは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛吐き気の薬で市販のもの」についてお話します。

 

頭痛や吐き気、風邪を引いたり
ストレスによって引き起こされる場合があります。

 

偏頭痛であったり、緊張型頭痛など
頭痛持ちの方は非常につらいものです。

 

また吐き気に関しても風邪や
強いストレスが原因とされる事が多くあります。

 

これらの症状が長引いたりすると、
体力の消耗にも繋がるため放っておくことはやめましょう。

 

頭痛や吐き気に対する市販薬の必要性

 

風邪を引いて高熱が出ると、
頭痛を伴う場合が良くみられます。

 

ただの風邪でも鼻水だけなどと
軽い症状なら自宅で様子をみるという手もあります。

 

しかし、吐き気などの場合には
実際に嘔吐してしまうと体力もなくなります。

 

例えば1人で病院まで行くことが
困難な人の場合には何とか近場の
市販薬を購入するという方も少なくありません。

 

病院に行かないのではなく、自身の仕事の
勤務時間や状況がどうしても病院の
診察時間に間に合わないなどという方もいます。

 

そこでドラッグストアや薬局でも
購入可能な市販薬を利用する方がいます。

 

病院に行く代わりに市販の薬を飲んで
様子をみるという事は忙しい方には便利なのです。

 

市販薬の種類、効き目について

 

様々な場所で目にするようになった市販薬ですが、
その種類の多さに驚く事があります。

 

実際に市販薬を求めてドラッグストアに行ったとしても、
種類が多くてどれを選ぶべきなのか
分からなくなってしまう事もあります。

 

頭痛に関していえば、日本だけでも470億円で
市場を推移するほど需要の高い商品です。

スポンサーリンク

市販薬の効き目の強さについて考えてみます。

 

一般人が箱に書かれた薬の成分名を見ても
おそらく聞いたことのない名前ばかりで
余計体調を崩してしまいそうなくらいです。

 

成分名は書いてあったとしても
その薬の効き目の度合いは記載されていません。

 

それでは一体どれを選ぶべきか
更に分からなくなってしまうはずです。

 

市販頭痛薬ロキソニンの効果と注意点

 

例えばCMなどで1度は見たり
聞いたことがあるかもしれませんが、

 

ロキソニンという市販薬は効き目が強く

 

「OTC医薬品」

 

とされています。

 

安全性が高く偏頭痛や月経痛、
術後の強い痛みにも素早く効いてきます。

 

医療現場でも実際に使われています。

 

ロキソニンの成分であるロキソプロフェンナトリウムは、
医療用医薬品で非ステロイド性消炎、

 

鎮痛剤として医師の診断や処方箋が必要でしたが
2011年からOTC医薬品の仲間入りをしました。

 

しかし高齢者や長期にわたって服用を続けると
内臓疾患や喘息やアレルギーなどの副作用があります。

 

また、抗血栓薬を服用している場合は注意が必要です。

 

腎臓や肝臓に持病がある方は
血液の数値に異常が起こる場合があります。

 

市販の頭痛薬を飲んでも症状が改善されない場合は、
早めの病院の受診をおすすめします。

スポンサーリンク