頭痛吐き気でパソコンが原因の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛吐き気でパソコンが原因の時」についてお話します。

 

現代人のライフスタイルは、
パソコン・スマートフォンなどが欠かせず、

 

長時間小さな字や画像を見て作業をする
という人も増えてきています。

 

また、寝ながらスマートフォンで
ゲームやメールなどをする人も多く、
眼精疲労は現代病とも言えます。

 

眼精疲労からくる症状や、原因、
そしてそうならないための対策についてまとめました。

 

眼精疲労の症状と原因

 

ほとんどの人が一度は
目が疲れたと感じたことがあるでしょう。

 

眼精疲労は目が疲れるだけでなく、
様々な症状が現れます。

 

主な症状は、目の乾燥や充血・目がかすむ
・目(まぶた)の痙攣・肩こり・頭痛・吐き気などがあります。

 

眼精疲労の原因は4つあります。

 

原因1:目に何か病気がある。

 

近視・遠視・老眼・斜視などやドライアイ、
緑内障や白内障またはその手術が
原因となっていることもあります。

 

原因2:全身に原因がある。

 

全身疾患によっても眼精疲労はおきます。

 

高血圧や低血圧、糖尿病、貧血などでも
眼精疲労になることがあります。

 

原因3:精神的なもの。

 

職場などでの不適合、心身症、
神経症などでも眼精疲労はおきます。

スポンサーリンク

原因4:環境的なもの

 

紫外線や赤外線などの光の刺激によるものや、
長時間のパソコンなどの使用が原因のことがあります。

 

最近では、このパソコンなどを
長時間使用することでおきる眼精疲労が多く、
これを

 

「VDT症候群」

 

といいます。

 

眼精疲労の防ぎ方

 

眼精疲労は、一晩寝たら解消する「疲れ目」とは違い、
目を休ませても改善しない症状のことをいいます。

 

酷い場合には病院に行き治療が必要です。

 

眼精疲労の原因が目や身体の病気ではなく、
VDT症候群が原因の場合には
悪化しないように対処することができます。

 

まず、長時間パソコンに向かう場合は、
こまめに休憩をすることが大事です。

 

そして、パソコンに向かう時の姿勢が悪いと
肩こりや頭痛や吐き気を起こしやすくなりますので、

 

姿勢が悪くならないように、
パソコンの向きや椅子の高さを整えましょう。

 

そして、目が疲れたと思ったら、
温パックや冷パックで目を休ませたり、
マッサージをすることも効果的です。

 

眼精疲労による頭痛や吐き気は、
目の疲れをほったらかしておくことで起こります。

 

そうならない前に対処しておくと、
悪化せず回復も早くなるでしょう。

スポンサーリンク