肩こりと目の奥の頭痛と吐き気がする時は緊張型頭痛かもしれない!

スポンサーリンク

現代、ほとんどの日本人が「頭痛」を体験したことがあると思います。
仕事や学校、家事の疲れ、ストレスや外部からの衝撃など、
様々なことが原因で頭痛は起こります。

 

その中でも、「肩こり頭痛」という頭痛を知っていますか?
今回は日本人の多くを悩ませている「肩こり頭痛」に着目します。

 

「肩こり頭痛」とは

 

「肩こり頭痛」とは、名前の通り肩こりを原因とする頭痛の事です。
これには頭部の筋肉や首筋のこりが大いに関係しており、
これは「緊張型頭痛」と呼ばれています。

 

またこれが、神経圧迫や血管性頭痛などによる症候性神経痛も起こし、
痛みが複雑化することもあります。
つまり、「肩こり頭痛」は単なる緊張型頭痛ではありません。
そのため、頭痛のときに目の奥に痛みを感じたりすることがあるのです。

 

「肩こり頭痛」の原因

 

現在では仕事などで長時間同じ姿勢で作業をしたり、
パソコンをし続けなければならない人が多くいます。
このような人々の多くが感じるのは、ひどい目の疲れです。

スポンサーリンク

これは眼精疲労と呼ばれ、肩こりと多く関係してきます。
眼精疲労は単なる疲れではなく、ひどくなると目の痛みや吐き気、

 

全身の倦怠感などの他の症状も起こるようになり、
「肩こり頭痛」の原因の一つになります。特徴的なのは、
眼精疲労は普通の休養をとってもあまり改善することがないということです。

 

正しい治療を行わないとなかなか治らないため、
よりいっそう肩こり頭痛の原因にもなります。

 

改善するには?

 

「肩こり頭痛」を改善するため、もしくは「肩こり頭痛」にならないためには、
毎日の自分の行動に気を使うことが大切です。
では、どのようなことに気を使えばいいのでしょうか?

 

例えば、ストレスをなくすことです。ストレスを感じているとき、
身体は緊張状態に陥ってしまいます。

 

ストレスを完全になくすことは難しいですが、
少しでもストレスを感じている時間を減らすことで、
身体を緊張状態にさせないようにすることができるのです。

 

「肩こり頭痛」は誰にでも起こりうる病気です。
日頃ので生活にも気を付け、まずは「肩こり頭痛」が
起こらないようにすることが大切です。
また、なってしまったら、早めに病院に行くことも忘れないで下さい。

スポンサーリンク