左後頭部の頭痛と肩こりの時はもしかしたらくも膜下出血かもしれない

スポンサーリンク

ここでは、「左後頭部の頭痛と肩こりの時」についてお話します。

 

きっと誰でも経験したことがある頭痛。
その頭痛にも非常に多くの種類があります。

 

その中でも、日本人の約8%もの人々が悩まされているという
「片頭痛」は知っているでしょうか?
「片頭痛」とは、頭の左右どちらか、もしくは両方に起きる発作性の頭痛です。

 

痛みがひどい場合は吐き気を伴うこともあります。
その片頭痛により、左後頭部だけが痛いという場合もありますが、
左後頭部だけの頭痛というのは片頭痛ではない可能性もおおいにあります。
そこで、左後頭部に痛みがあるときに考えられる病気を紹介します。

 

後頭神経痛

 

後頭神経痛という病気は、長時間うつむいた姿勢をし続けることにより、
後頭部にある神経が刺激されて生じる頭痛です。
この頭痛は、瞬間的なものであり、長時間続くものではありません。

 

また、後頭部だけではなく、目の奥や耳の後ろが痛む場合もあります。
これを改善するためには、長時間同じ姿勢にならず、少しずつ変えながら作業をしたり、
途中で休憩をはさむことなどが大切です。

 

くも膜下出血

 

この場合の頭痛は、殴られたような非常に強い痛みです。
また、これまで痛んだことのなかった箇所に痛みが生じたときは、
くも膜下出血を疑った方が良いです。

スポンサーリンク

くも膜下出血は放置していると、最悪命を落とし、
治療後も後遺症が残る可能性がある病気です。
そうならない為には、この病気の前兆をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

その前兆とは、目の痛みや頭がボーっとする、まぶたが下がるなどがあります。
「くも膜下出血ではないか?」と思ったら、
脳神経外科や頭痛外来に早く受診することが最も大切だと言えます。

 

また、このような後頭部の頭痛に加えて肩こりを伴う場合は、
「緊張型頭痛」という可能性も考えられます。

 

緊張型頭痛

 

緊張型頭痛とは、首筋が張る、肩がこるなどの症状のほかに、
後頭部に痛みが生じることがあります。
この頭痛は、片頭痛よりも長く続くのが特徴的です。

 

これは、ストレスや不安などが原因で起こることが多いです。
これを改善するためには、まずストレスをなくすことが第一歩であると言えます。

 

病院に行き、多くの薬を服用するよりも、まずはストレスをなくし、
原因をなくしていくことが大切です。
この病気は日本人の多くがなることがあるので、
気になる方は早めに専門医に受診されることをおすすめします。

 

頭痛には多くの種類があります。
自分で判断して決めつけるよりも、まずは病院に行き、
どんな頭痛かを知ることで自分にあった治療法を見つけることが出来ます。

スポンサーリンク