イブクイック頭痛薬の効果とは?

スポンサーリンク

ここでは、「イブクイック頭痛薬の効果」についてお話します。

 

頭痛はやっかいで仕事や家事、学業などに影響し、
イライラもするし気分も憂鬱になります。

 

頭痛で病院にも行きたくないし、
自力で治す事も出来ない。

 

そんな時に頼ってしまうのは市販薬ですよね。

 

鎮痛剤の中でも「イブクイック」は
「イブクイック頭痛薬」というだけあり、
頭痛に特化した薬とも言えます。

 

そんな「イブクイック」にはどんな特徴があり、
どんな効果があるのでしょう。

 

イブクイックとは

 

「頭痛に速く効いて、胃にもやさしい」

 

とうたっているだけあり、
頭痛にしっかりと効くように設計された製剤です。

 

今では薬局など市販薬として
簡単に購入する事ができる「イブ」。

 

もともとは病院で処方される医療用医薬品でした。

 

イブプロフェンを主成分としており、
鎮痛・消炎・解熱作用をバランスよくもっています。

 

頭痛・肩こり痛・生理痛・関節痛・外傷
・歯痛・神経痛・筋肉痛・

 

耳痛・捻挫痛・悪寒・発熱時の鎮痛など、
幅広い効能・効果があります。

 

しかし15歳未満への
安全が確立されていないため、
15歳未満への服用はできません。

スポンサーリンク

「イブクイック」の効果

 

解熱鎮痛成分イブプロフェンの
1回の最大含有量は200mgです。

 

「イブクイック」シリーズの中でも
含有量が150mg含まれているものから、
200mg含まれているものがあります。

 

またシリーズの中には
眠気が起こる事もある鎮静成分が、
配合されている物もあるため、

 

症状に合わせて医師や薬剤師などに
相談をしての購入を、おすすめします。

 

服用後早い人だと15〜30分で
効果を感じる人が多いです。

 

血中濃度が最高値になるのは服用後1〜2時間で、
持続時間は4〜8時間が一般的と言われています。

 

しかし個人差があるので
必ずしもといったわけではありません。

 

服用は我慢してから服用するのではなく、
痛み始めて来たときに水か
ぬるま湯で服用すると効果的です。

 

また、酸化マグネシウムが配合されており、
胃の粘膜を保護し鎮痛成分の吸収をはやめてくれます。

 

完全に薬に頼りきってしまうのはよくないですが、
つらいときは医師や薬剤師に

 

相談をして用法容量をきちんと守ることが、
回復への近道ですね!

スポンサーリンク