インフルエンザ予防接種後頭痛薬は飲めるの?

スポンサーリンク

ここでは、「インフルエンザ予防接種後頭痛薬は飲めるのか」についてお話します。

 

インフルエンザの予防接種は、
インフルエンザ流行期には、発症を抑えたり、
重症化や合併症を防いだりするのに有用です。

 

不活化ワクチンを接種することで、
体内にインフルエンザウイルスに対する
免疫をつけます。

 

ただし、免疫がつく以外に
副反応を起こすことがあるので、
接種後は注意が必要です。

 

インフルエンザ予防接種の副反応

 

予防接種を受けた人の10〜20%の人が、
注射をした部分が赤くなって腫れたり、
熱を持ったりすることがあります。

 

初めは痛みや不快感があるかもしれませんが、
2〜3日で治まります。

 

他に、接種を受けた5〜10%の人が、
頭痛、発熱、倦怠感、嘔吐、下痢などの
副反応が出ることがあります。

 

これも2〜3日で治まります。
もし、治まらない場合は、
他の病気を疑いましょう。

 

また、ワクチン接種後の頭痛、発熱で
インフルエンザの罹患を疑う人もいますが、

 

不活化ワクチンは、ウイルスが体内で
増えることはないので、発症したのではありません。

 

予防接種後の頭痛対策

 

インフルエンザの予防接種の副反応は、
大抵、注射してから24時間以内に

 

出ることが多いので、接種後1日は
よく経過をみておきましょう。

 

頭痛がひどいようでしたら、
市販の解熱鎮痛剤を服用しても
問題はありません。

スポンサーリンク

ただ、他の副反応と同じように
2〜3日で症状は治まりますので、

 

薬を飲まずに安静にしておく方が
望ましいでしょう。

 

1週間経っても頭痛が続くようでしたら、
重篤な副反応が出ていたり、

 

風邪などの他の病気にかかっていたりする
可能性があるので、医師に相談してください。

 

また、小児の場合、
市販の小児用解熱鎮痛剤を服用できる
年齢であれば服用してもよいですが、

 

やはり、市販薬に頼るよりは、
病院で受診した方が安全です。

 

接種前に医師に相談を

 

インフルエンザの予防接種を受ける前には、
細かい問診票を記入し、
それを見て医師は注射を打てるか否かを判断します。

 

そもそも37.5℃以上の発熱がある場合は
接種を受けられませんし、

 

医師によっては風邪薬を服用している人には
注射を打てないと判断する場合もあります。

 

慢性的な頭痛に悩み、
飲んでいる薬があるのであれば、
必ず接種前に申告しておきましょう。

 

お薬手帳を持参しておくと
医師に伝わりやすいです。

 

副反応を少しでもなくすために、
予防接種を受ける際には、

 

できるだけ健康状態であることを
おすすめします。

スポンサーリンク