肩こり頭痛を解消する食べ物とは生姜やいくらや大豆製品などが効果的

スポンサーリンク

ここでは、「肩こり頭痛を解消する食べ物」についてお話します。

 

肩こり頭痛とは?

 

肩こりの原因は、同じ姿勢で長時間いることによって起こる
血行不良による筋肉の硬直です。

 

コリによって筋肉が硬くなることで、肩や首周辺が血行不良に陥り、
血液が滞ってしまいます。血流が悪くなることで、
脳が血液不足になることで、頭痛が起こります。
血行を良くすることで肩こりを解消する事ができます。

 

肩こり解消に効く食べ物

 

肩こりは、食べるものによって症状を緩和する事ができます。
血行を良くする食べ物が効果的です。
生姜には、体の血の巡り活性化する効果があり、脳の血液不足が解消されます。

 

体内から体温をじっくり上げてくれるので、長時間に渡って体が温まります。
ビタミンEには血液をサラサラにして血行を良くする作用があります。
ビタミンEを多く含む食品には、いくら、アボカド、かぼちゃ、うなぎなどがあり、
中でも大豆製品に多く含まれています。

スポンサーリンク

ビタミンCには疲労物質の分解を早めてくれる働きがあります。
特に柑橘類に多く含まれるクエン酸やアミノ酸が
疲労物質である乳酸を分解してくれます。

 

ビタミンCの含まれる食べ物には、ミカン等の柑橘類の他に
ホウレンソウやブロッコリーなどがあります。
クエン酸を含んだ食べ物にはレモンや梅干しがあります。

 

ビタミンCはストレスが多いと消費も激しいので、
なるべくストレスを溜めないようにして、
3食の食事で適度に摂取するように心掛けましょう。

 

神経の情報の伝達をスムーズにして目の疲れに効くのがビタミンB1で、
筋肉の疲労を回復させる働きがあります。
かつおやウニ、レバー(鶏、牛、豚)やうなぎ、サツマイモ、ピーマン、豚肉、
すっぽん等の食べ物があります。

 

にんにくには、ビタミンB1の働きを高める作用があり、
疲労物質を効率よく取り除いてくれる優れものです。
ねぎに含まれるアリシンという物質は、血行を良くして疲労物質を
分解する働きがあるため、固くなった筋肉をほぐしてくれます。

 

1日3食の食事で血行を良くする食べ物を食べて、
肩こりや頭痛を解消して行きましょう。

スポンサーリンク