肩こりでだるい熱っぽい時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こりでだるい熱っぽい時」についてお話します。

 

肩こりがあってさらにだるく、熱っぽい、となると体は相当しんどいはずです。
あぁ…風邪をひいたかな…?とほとんどの人は思います。
風邪薬を飲んだり、栄養ドリンクを飲んだりと、風邪に対する対処法を行います。

 

しかし、実は単なる風邪ではなく、肩こりと体のだるさ、
熱っぽさは関係している可能性があります。
また、肩こりと深く関係している症状が起きている場合もあるのです。

 

今回は、肩こりと、体のだるさと熱っぽさが起こることについてお話しします。

 

肩こりと、だるく熱っぽくなることの関係とは?

 

これは、肩こりからの熱っぽさと、熱からの肩こりと両方が考えられます。
肩こりがあるということは、体は相当緊張状態にあったり、疲れを感じています。

 

筋肉が固まり、血行やリンパの流れも悪くなっているため、
もちろん体調は良いわけはなく、だるくなってしまいます。
そして最悪の場合、熱まで出てしまうことがあります。

 

肩こりが直接原因というよりは、肩こりによって
体のあちこちの調子が良くない状態にあること、
肩こりが起きるほど体が疲れて負担がかかっている状態だということから、
だるく、熱っぽい症状が出ると考えられます。

 

また、熱がでたとき、肩こりをおこすことがあります。
熱が出るときにリンパが腫れるという経験はありませんか?
このリンパは、肩こりにも関係しています。

スポンサーリンク

リンパの流れが悪くなると肩こりに繋がるのです。
また、風邪やウィルスが原因の熱では、体内に入った菌と
体が戦おうとするため体温が上昇します。

 

そのとき、全身の筋肉は急激に運動をします。
そのため肩こりが起きるという場合もあります。

 

慢性疲労症候群よは?

 

発熱、だるさ、肩こりがある場合、慢性疲労症候群である可能性があります。

 

慢性疲労症候群とは、激しい倦怠感や疲労感、発熱、筋肉の痛み、
リンパの腫れ、頭痛などが同時に起こり、それが長期に続くものですが、
はっきりとした原因は解明されていません。

 

診断が難しいのですが、漢方薬や、抗うつ剤、ビタミン剤投与などで治療します。
現在は、ストレスが原因で神経のバランスが崩れてしまうことが
関係しているのではないかとみられています。

 

これを機に、普段の生活を見直そう!

 

肩こり、だるさ、熱っぽい症状がでているということは、
体はとても疲れていて、ストレス状態にあるというサインです。

 

肩こりを解消するストレッチやマッサージをし、温かい格好をして、
ゆったりとした気分で過ごしましょう。
ゆっくりお風呂に入ったり、いつもより早めに寝るなど体を休めてあげましょう。

 

まず自分の心身が健康であることが一番大切です。
ストレスの多い社会ですが、肩の力を抜いて、無理せずに、過ごしましょう!

スポンサーリンク