肩こり吐き気のマッサージとは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こり吐き気のマッサージ」についてお話します。

 

吐き気がするほどのひどい肩こりに悩まされると、
仕事や家事をする気など無くなってしまいますよね。

 

なぜ、肩こりが吐き気を伴うまで
悪化してしまうのでしょうか。

 

それは、普段からの
こまめなケアが大切になってきます。

 

そこで今回は、吐き気を伴う肩こりに
効果的なマッサージなどの改善法を紹介します。

 

肩こりによる吐き気の解消法

 

1.肩や背中、首の筋肉の緊張をほぐす

 

肩や背中、首の部分の筋肉が緊張をすると、
血流が悪くなって肩こりとなります。

 

積極的に筋肉を動かすことで、
この血流の悪さを改善することが可能です。

 

マッサージなどで筋肉をもみほぐし、
動かしてあげると効果的。

 

また、漢方薬を飲むことも補助的な効果があります。

 

2.目の疲れを取る

 

目が極度に疲労していると、
全身が緊張して血行が悪化してしまいます。

 

これが、吐き気のする肩こりへと
繋がることもあるのです。

 

そのため、パソコンやスマートフォンの使用を
見直して目を酷使しないようにすることが大切です。

 

また、目を温めることも効果的です。

 

3.精神的な負担を和らげる

 

精神的に不安定だったり、
ストレスがたまったりしていると、
血行が悪くなることがあります。

 

そのため、ストレス解消が肩こり改善や
吐き気改善に効果があるのです。

 

あまりストレスを溜め込まないで、
上手に発散していくことが大切です。

 

肩の筋肉をすぐに柔らかくするマッサージ1:筋弛緩法

 

アメリカの生理心理学者
エドモンド・ジェイコプソン医師に
よって発見された方法です。

 

筋肉の緊張と弛緩(ゆるむ)を
繰り返すことによって、全身をリラックスさせます。

 

場所も時間もとらずに、
高いリラックス状態を得られるのでおススメです。

 

やり方は、

スポンサーリンク

1.全力でなく70〜80%の力で、
  ギュっと全身の筋肉に5〜8秒間力を入れます。

 

2.その後スカッと力を抜き、10秒ほど脱力をします。

 

特に2.の脱力をするのが重要で、
この時にいかにリラックスできるかがポイントになります。

 

肩の筋肉をすぐに柔らかくするマッサージ2:肩甲骨ほぐしストレッチ

 

肩甲骨は、鎖骨と繋がっている以外は、
筋肉の中に浮いているような位置にあります。

 

そのため、広い範囲で肩の関節を動かすことができます。

 

しかしその分、支えている筋肉への
負担も大きくなってしまい、この部分が緊張することで
肩こりを引き起こしやすくなるのです。

 

この肩甲骨をほぐすストレッチの方法は、

 

1.肩甲骨を狭めていくイメージで、
  息を吸い込みながら両膝を後ろに引き、
  左右の肩甲骨を近づけ3〜5秒キープする。

 

2.肩甲骨を開いていくイメージで、
  息を吐きながら両腕を前に出して、
  左右の肩甲骨を話し3〜5秒キープする。

 

です。

 

肩甲骨を動かすことによって、
周囲の筋肉がほぐれ、肩こり解消に効果的です。

 

肩の筋肉をすぐに柔らかくするマッサージ3:脊椎ストレッチ

 

肩こりの原因の一つに、姿勢が悪いことで
脊柱起立筋という背骨から腰骨まで、

 

背中の中心を立てに走っている筋肉が
固くなってしまう症状があります。

 

そのため、ストレッチポールを使用して、
この脊柱起立筋を伸ばすことで、
肩こりや吐き気の解消に高い効果が期待できるのです。

 

ストレッチポールが無い場合は、
バスタオルを巻いてロール状に
したものでも代用が可能です。

 

この脊椎ストレッチの方法は、

 

1.ストレッチポールに仰向けで乗り、
  左右に体を動かして背中をグリグリ伸ばします。

 

2.慣れてきたら、両手を天井方向に垂直に伸ばして、
  体だけでバランスをとるようにすると、より効果的。

 

このように、吐き気を伴うほどのひどい肩こりに
効果的なマッサージや改善法はあります。

 

どれも簡単で、自分でできるものばかりなので、
まずは試してみてはどうでしょうか?

 

これらを試しても改善しないと言う場合は、
大きな病気の症状の可能性があります。

 

すぐに病院にいって、医師に相談してくださいね!

スポンサーリンク