肩こりでお灸のつぼとは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こりでお灸のつぼ」についてお話します。

 

肩こりに悩んでいて「つぼ」や「お灸」を考えているあなた。

 

言葉はよく聞くけれど、どこにつぼがあって、
どのようにお灸をすればいいのかわからない、
また、病院やマッサージの専門医でしかできないの?
と思っている人も多いはずです。

 

今回は、つぼやお灸のことを知らない人も、
普段使っている人にも改めて知っていただけるようにわかりやすく説明していきます。

 

肩こりのつぼとは?

 

人の皮膚には体内の情報がわかるポイントがいくつかあります。
それがつぼです。
現在、人の体には361のつぼがあると言われています。

 

では肩こりに効くつぼはどこにあるのでしょうか?
首の付け根と肩の先のちょうど中間に、押すと痛く感じるところがあります。
そこを「肩井(けんせい)」と呼びます。

 

全身の血行が良くなるので肩こり以外にも様々な症状に効果があります。
人差し指と親指の骨を指先から手首に向けてたどっていくと、
合流するところがあります。

 

そこから少し人差し指寄りに、触ってわかるくぼみがあります。
そこを「合谷(ごうこく)」と呼びます。

 

また、肘を曲げてできたしわの端(外側)に「曲池(きょくち)」
というつぼが、同じく肘を曲げたときにできたしわから指2本分、
手の方にずらしたところに「手三里(てさんり)」というつぼがあります。

スポンサーリンク

これらのつぼを押すと肩こりに効果があります。
外出先や忙しい時でも簡単に押せます。

 

肩こりのお灸とは?

 

お灸は天然のよもぎ100%で作られています。
温熱による伝統的な東洋医学の治療法で、数千年以上昔から使われています。
つぼにお灸をそえることで、自然治癒力が高まります。

 

肩こりには欠かせない、血行促進の効果もあります。
熱くて痛いのでは?と心配する人もいますが、お灸は心地よい温かさで、
心もリラックスできるのです。

 

自分でもできるの?

 

もちろん、鍼灸院などの専門医に行ってもいいのですが、自分でもできます。
ドラッグストアや薬局で購入することができます。
お灸の裏がシールになっていて、お灸に火をつけてから患部に貼ります。

 

シールになっているので落ちる心配もないですし、
燃え尽きても肌には当たらない構造になっているのでやけどの心配もありません。
初めて使用する場合は、薬剤師に使い方を聞いたり、説明書をよく読んでくださいね。

 

このお灸を、最初にご紹介したつぼにあてると効果があるのです。
最初は1日1回から始めましょう。慣れても1日3回までにしましょう。
入浴直後や、飲酒後などの体が温まりすぎているときには使用しないでください。

 

注意点を守りながら、お灸を有効活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク