肩こりでしびれが指先にある原因はなぜなの?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こりでしびれが指先にある原因はなぜなのか」についてお話します。

 

しびれを感じると言っても、
時々気になる程度の物から、

 

日常生活に支障をきたしてしまうようなもの、
さらには命に関わるものまで様々なケースがあります。

 

中でも肩こりに伴ったしびれは、
肩こりが改善されると緩和されることが多いです。

 

しかし、たかが肩こりと油断していると、
思わぬ病気が隠れていることもあるのです。

 

そこで今回は、肩こりで指先が
しびれる場合に考えられる原因を紹介します。

 

頚椎椎間板ヘルニア

 

背骨の首の部分は、
7つの骨(頚椎)が積み重なって出来ています。

 

その頚椎の間でクッションの
役割をしているのが、椎間板です。

 

何らかの理由で首に負担がかかって、
椎間板が飛び出してしまうのが
「頚椎椎間板ヘルニア」です。

 

このヘルニアの位置によって、
脊椎を刺激してしまう場合と、

 

脊椎から枝分かれしている神経根を
刺激してしまう場合とでは症状が異なります。

 

脊椎が刺激されている場合の症状は、

 

・首や肩周辺のこり

 

・腕のしびれ、痛み、下肢のしびれ、痛み

 

・力が入らない

 

・排尿障害

 

・ペンで字を書いたり、ボタンを留めるなどの手先の作業に支障が出る

 

など、です。

 

それに対して神経根が刺激さている場合の症状は、

 

・首や肩周辺のこり

 

・肩から腕、指のしびれ、痛み

 

・首を後ろに倒すと首の付け根や肩甲骨付近、指先に痛みが走る

 

など、です。

 

肩こりを感じて指先がしびれる場合には、
頚椎椎間板ヘルニアで神経根が
刺激されてしまっている可能性があります。

 

変形性頚椎症

 

一般的には、首の部分を構成している
背骨に起こる老化現象と言われています。

 

頚椎版のクッション性の低下や、
筋肉や靭帯が弱くなることで頚部が不安定になり、

スポンサーリンク

負担のかかっている骨に
トゲのようなものが出来てしまうことです。

 

激しいスポーツで頚部に
負担をかけている人にも見られることがあります。

 

また、このトゲのできる位置や大きさによって、
症状が重くなることもあります。

 

症状は、

 

・首や肩周辺のこり

 

・腕、手先のしびれ、痛み、脱力感

 

・後頭部の痛み

 

・めまいや耳鳴り

 

・手足の動きがぎこちなくなる、歩くことが困難になる

 

・排尿障害

 

など、です。

 

後縦靭帯骨化症

 

首を構成している7つの骨は、
たてに積み重なって配列されています。

 

この状態を支える組織のひとつに、「後縦靭帯」があります。

 

この病気は、この靭帯が骨のように硬くなり、
大きくなって神経根や脊椎を障害してしまうものです。

 

首以外の背骨にも起こる可能性のある、原因不明の疾患です。

 

症状は、

 

・首や肩周辺のこり

 

・頭を動かす範囲が制限される

 

・首や肩、肩甲骨あたりの痛みやしびれ

 

・指先、腕のしびれ

 

・手先の作業ができない

 

・足が思うように動かず歩きにくい

 

・排尿障害

 

など、です。

 

このように、肩こりと伴い
指先のしびれがある場合は、頚部の疾患が考えられます。

 

頚部は、頭を支えるだけでなく、
体を動かすことに関わる大切な場所です。

 

早めに整形外科や神経内科を受診するようにしましょう!

スポンサーリンク