肩こり頭痛にバファリンは効くの?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こり頭痛にバファリンは効くのか」についてお話します。

 

肩こりによる頭痛は、「緊張型頭痛」と呼ばれ、
後頭部から首筋にかけておもぐるしい痛みを感じます。

 

この頭痛は、血行不良や
ストレスの蓄積が主な原因です。

 

長時間のデスクワークやスマートフォンの
使用をすることが増えた現代では、よく見られる症状。

 

ひどい時にはめまいや
しびれなどを引き起こすこともあります。

 

このような頻繁に起こる肩こりや頭痛は、

 

「自分でなんとか出来ないかな?」

 

と考える人も多いのではないでしょうか。

 

マッサージに通うのも良いですが、
手軽に手に入る頭痛薬を服用することも多いです。

 

そこで今回は、市販の頭痛薬で有名な、
バファリンの効果を紹介します。

 

バファリンとは

 

ライオンのバファリンは、日常的な頭痛、生理痛、
急な発熱まで様々な症状にあわせて使用できます。

 

解熱鎮痛成分として「アセチルサリチル酸」や
「イブプロフェン」などが配合。

 

陣痛効果を補助する役割として「無水カフェイン」
「アリルイソプロピルアセチル尿素」
などが配合されています。

 

また、「ダイバッファーHT」という成分が、
薬の吸収を助けるほかに、
胃粘膜への直接刺激をガードします。

 

胃の粘膜を保護するので、胃に優しいです。

 

速く溶かす独自技術

 

「クイックメルト製法」

 

を採用しており、
薬が速く効く特徴もあります。

 

子どもにも使用できるものもあり、
家族みんなで使用できます。

 

バファリンEX

 

関節痛や肩こり、頭痛などに、
速く効いて胃に優しい薬です。

 

特徴は、

 

1.ダブルアクション2層錠

 

胃粘膜保護成分が先に溶けて胃を守り、
次にロキソプロフェンという有効成分が
鎮痛効果を発揮します。

 

白とピンクの2層錠です。

 

2.1回1錠、飲みやすい小粒

 

小粒の錠剤なので飲みやすく、
1回1錠なので沢山服用しなくても良いです。

 

3.眠くなる成分を含まない

 

眠くなる鎮静成分が入っていないので、
効果的なタイミングで服用できます。

 

など、があげられます。

 

特に、よく頭痛薬を飲むと眠くなることがありますが、
こちらなら眠くなることがないので、
仕事の前などでも服用しても安心です。

 

服用するに当たって注意すること

 

肩こりや頭痛に効くバファリンですが、
飲み合わせで注意しなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

・アレルギー反応が出る人は使用しない。

 

・喘息がでる人は使用しない。

 

・飲酒時は服用しない。

 

・ワルファリンなどの
 抗血栓薬を飲んでいる場合は一緒に服用しない。

 

・その他、基本的に医師に処方される薬と
 併用する場合は、医師に確認が必要。

 

・妊娠中は避けたほうが安心。
 出産予定日12週以内の妊婦は服用禁止。

 

飲酒時に服用すると、胃へのダメージが
大きくなるので避けたほうがよいです。

 

また、抗血栓薬と一緒に飲むと、
血が固まりにくくなり大変危険です。

 

絶対に一緒に服用はしないようにしましょう。

 

妊娠中は、使用しないほうがよい、
12週以内の人は使用禁止となっています。

 

これは、鎮痛薬などが
胎児に影響を与えかねないためです。

 

禁止の時期でなければ大丈夫かというと、
そういうわけでもありません。

 

お母さんが口にするものは、
胎児の成長にそのまま直結します。

 

バファリンにかぎらず、薬全般が
胎児になんらかの影響を与える
可能性があることを知っておきましょう。

 

バファリンの副作用

 

バファリンは医薬品です。

 

そのため、副作用も存在するのです。

 

子どもの副作用で最も有名なものは、

 

「ライ症候群」

 

という副作用。

 

15歳未満の小児がバファリンを
服用した時に起こる副作用です。

 

特にインフルエンザに感染している時や、
水疱瘡などのウイルス感染の時に起こりやすいです。

 

次に有名なのが、

 

「アスピリン喘息」

 

という副作用。

 

アスピリンが喘息の発作を
誘発することがあるとされているので、
喘息の持病を持っている人は副作用を避ける必要があります。

 

また、服用する時にジュースや
お茶で飲んでしまった場合も、
思わぬ副作用が起こることがあります。

 

グレープフルーツも注意が必要です。

 

グレープフルーツは薬物の代謝の働きを阻害して、
薬の血中濃度を高める成分が含まれています。

 

この成分は少量でも強い作用を現すので、
グレープフルーツジュースで服用した場合などは、
薬の効果が強く出てしまい副作用がでやすくなります。

 

このように、有名なバファリンは
効果も期待できますが、
服用には注意が必要なのです。

 

きちんと用法・容量・使用上の注意を守って、
肩こりや頭痛と上手に付き合っていきましょうね!

スポンサーリンク