肩こりと頭痛の場所とは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こりと頭痛の場所」についてお話します。

 

頭痛は、日常的なものから命に関わるものまで、
症状も場所も痛み方もさまざまです。

 

大半の頭痛は、生活の改善によって良くなります。

 

しかし、時に頭痛を軽く見てしまい、
命の危険にさらしてしまう場合もあるのです。

 

そこで今回は、肩こりや頭痛の
場所によって考えられる頭痛の種類を紹介します。

 

後頭部の痛み

 

後頭部に頭痛を起こす主な症状として、
「後頭神経痛」と「筋緊張型頭痛」の二種類があります。

 

「後頭神経痛」は、後頭部を通る神経が
刺激されることで、痛みが生じる頭痛です。

 

後頭神経が、ストレスや不良視性、体液循環不良、
周りの筋緊張、後頭神経の圧迫などの
刺激を受けることで生じます。

 

症状としては、

 

・後頭部がズキズキ、キリキリと痛い

 

・耳の後ろ側に痛みが生じる

 

・雨が降る前に痛みが生じる

 

などがみられます。

 

対処法は、

 

・首筋を温めて血行を促し、筋肉の緊張をやわらげる

 

・後頭部を冷やして神経の炎症を抑える

 

・入浴、軽い運動でリラックスする時間をとって、ストレスを解消する

 

などです。

 

頭痛外来で神経ブロック注射を打っても
効かない場合が多く、根本原因である
姿勢の悪さやストレスを改善しなければなりません。

 

この姿勢改善や循環不良は自己管理が難しいので、
専門科を頼るほうが早く改善できます。

 

「筋緊張性頭痛」は、
肩や筋肉の緊張が原因で生じる頭痛です。

 

肩や首の筋肉が緊張すると、
血流が著しく阻害され、
疲労物質や無痛物質が蓄積されてしまいます。

 

それらが周りにある血管や
神経を刺激するので頭痛が生じるのです。

 

症状としては、

 

・後頭部から頭全体に締め付けられているような痛み

 

・一度生じると毎日頭痛がおこる

 

・ズキズキしたり締め付けられるような痛み

スポンサーリンク

といった症状がみられます。

 

対処法としては、

 

・日常生活の改善

 

・ストレッチ

 

・ゆっくりお風呂につかってリラックスする

 

など、です。

 

 

ただし、後頭部でも殴られたような激しい痛みを感じる場合は、

 

「くも膜下出血」

 

の可能性があります。
注意しましょう!

 

前面の部分の痛み

 

多くの場合、「片頭痛」「緊張型頭痛」
の可能性が高いです。

 

片頭痛は、日常のストレスが
原因でおこることが多いです。

 

「緊張型頭痛」は、
眼精疲労や肩こりが起因しています。

 

しかし稀に、脳腫瘍や
脳出血で痛む場合もあります。

 

医療機関を受診することがおススメですよ!

 

片目の周り〜目の奥

 

目をえぐりとられるような激しい痛みの場合は、
「群発性頭痛」の可能性があります。

 

これは20代〜40代の世代の発症率が高く、
自律神経の関与が大きいと言われています。

 

一日のうちの決まった時間、
決まった持続時間で起こり、
連日この発作が続きます。

 

発作が起こっているときは、
じっとしていられずに動き回ったり、
壁に頭を打ち付けたりすることさえあるほど。

 

一日に何度も起きると、睡眠不足や
社会生活にも支障をきたすものです。

 

このように、頭痛の場所によって
様々な種類の頭痛や、時には重大な
病気が隠れていることさえあるのです。

 

頭痛が起きたら、

 

「いつものこと」

 

と油断は禁物です。

 

万が一普段と違ったり、
激しい痛みを感じたりするのであれば、
病院を受診するようにしましょうね!

スポンサーリンク