肩こり頭痛に効く薬とは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こり頭痛に効く薬」についてお話します。

 

肩こりを伴う頭痛に効く薬を紹介します。

 

解熱鎮痛消炎剤

 

肩こりや頭痛などの痛みを
和らげるのによく使われるのが、
解熱鎮痛消炎剤です。

 

あくまで頓服として扱い、
症状が改善しないからと漫然と
長期的に服薬することは推奨されていません。

 

症状が治まり次第、服薬を中止し、
また、効き目のない場合は、
医師に相談してください。

 

・ロキソプロフェン

 

服用には医師の処方箋が必要です。

 

第一三共ヘルスケアから発売されている
「ロキソニンS錠」は第1類医薬品なので、
薬剤師がいるドラッグストアで購入できます。

 

ただ、医師に処方してもらうと
保険適用で購入できたり、
ジェネリック医薬品を希望できたりします。

 

いろいろな痛みに高い効果があり、
安全性が高いので、最もよく使われています。

 

副作用として、胃腸症状が出やすいので、
胃腸薬と一緒に処方されることが多いです。

 

市販薬によく配合されている成分は、
以下の通りです。

 

・イブプロフェン

 

・エテンザミド

 

・アセトアミノフェン

 

・アセチルサリチル酸(アスピリン)

 

いずれも鎮痛消炎作用があり、
副作用が比較的少ない薬剤です。

 

特に、アセトアミノフェンは
カロナ―ルとして、小児用に配合されるほど
安全性が高い薬です。

スポンサーリンク

鎮痛消炎作用をより働かせるために、
催眠鎮痛剤が併せて配合される場合があります。

 

アリルイソプロピルアセチル尿素などが
市販薬にはよく使われます。

 

催眠鎮痛剤は、緊張を緩和し、リラックスさせる
作用があります。

 

また、痛みの感覚を抑える作用もあります。

 

ただし、催眠とあるように、
不眠症などに用いる睡眠導入剤に含まれる薬剤です。

 

眠くなる可能性が高いので、
運転や高所は控えてください。

 

他に、酸化マグネシウムや無水カフェインが
鎮痛消炎作用を高める物として、
添加されている場合があります。

 

これらは、眠くなる性質はないので、
運転が必要な場合は、
これらが配合されている薬を選びましょう。

 

漢方薬

 

釣藤散(ちょうとうさん)は、頭痛、肩こりを
和らげる漢方薬です。

 

外用薬

 

サリチル酸メチルが古くから
外用の鎮痛消炎剤として、
液剤や軟膏に配合されています。

 

直接肩こりに塗ることで、
血行を良くし、筋肉の緊張をほぐし、
頭痛を楽にしていきます。

 

外用なため、副作用はほとんどありません。

 

このように、肩こりを伴う頭痛に効く薬は
意外と少ないことが分かります。

 

ですから、頭痛には頭痛薬、肩こりには湿布薬など
使い分けをされている方が一般的に多いと言えます。

 

また、頭痛も肩こりも市販薬で
改善が見られない場合は、早めの医療機関への
受診をおすすめします。

スポンサーリンク