肩こり解消のマットレスとは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こり解消のマットレス」についてお話します。

 

肩こりを解消しているのは、
睡眠時だということをご存知ですか?

 

寝ている間に、一日のたまった疲労を癒し、
血液循環が良くなっています。

 

ただ、身体に合っていないマットレスだと
睡眠中の自然に疲労回復しようとする力を
阻害してしまいます。

 

肩こりを解消してくれるマットレスとは、
どのようなものが適しているのでしょうか。

 

理想的な寝る姿勢とは

 

人間の背骨は、立っているとき
S字の湾曲の幅が4〜6cmが正常値です。

 

これが、寝る姿勢になると、
幅2〜3cmが心地よいと感じる値になります。

 

つまり、寝転がったときに、
背骨の湾曲の幅が2〜3cmになる
マットレスを選べばよいわけです。

 

寝るときは、柔らかいふわふわのマットレスが
気持ちよいと思うかもしれません。

 

しかし、柔らかすぎるマットレスは、
かえって寝心地が悪く、
肩こりを悪化させてしまう場合があります。

 

仰向けに寝転がったとき、
床に対して最も荷重がかかるのが、
おしりと胸の下側です。

 

柔らかいマットレスに寝てしまうと、
おしりと胸の下側がしずみこみ、
頭、腰、脚が浮くW字のような形になります。

 

この姿勢が続けば、次第に肩や腰に
負担がかかってきて、

スポンサーリンク

筋肉の緊張が解けず、
疲労物質がたまってしまいます。

 

おしりがしずみこまないマットレスを
選ぶことが大切です。

 

一方、硬すぎるマットレスも
肩や腰を圧迫し、血行不良を招くので
肩こりを悪化させてしまいます。

 

寝返りしやすいマットレスを

 

実は、一日負荷のかかっていた肩の
筋肉疲労を回復しているのは、寝返りなのです。

 

寝転がることによって
上からの重力に解放されたところに、
ねじるという動作が加わることで、

 

筋肉の疲労を解消し、
血行不良を改善しています。

 

柔らかすぎるマットレスは、
寝返りを始めるタイミングとなる

 

圧迫を感じないため、
寝返りをしなくなります。

 

寝返りをしないと、
血行が促進されず、
疲れを取りきることができません。

 

また、硬すぎるマットレスだと、
痛みや圧迫を感じすぎてしまうために

 

寝返りが頻回になり、
筋肉に休息を与えられず、
かえって疲労状態になってしまいます。

 

・・・というわけで、
肩こり解消のマットレスは家具屋さんに行って
実際に寝てみて、決めるのが一番良い方法なのです。

スポンサーリンク