肩こり頭痛で倦怠感や眠気が襲う時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こり頭痛で倦怠感や眠気が襲う時」についてお話します。

 

みなさんは

 

「慢性疲労症候群」

 

と呼ばれている病気をご存知でしょうか?

 

実は「肩こり 頭痛 吐き気 寒気」の記事でもお話ししたのですが
この病気にかかってしまうと、その名前の通り、慢性的にいつでも疲れが取れなくて
疲れているのに、よく眠れないという症状が出てしまうのです。

 

今回は「肩こり頭痛で倦怠感と眠気が襲う時」についてお話します。

 

慢性疲労症候群とは?

 

慢性疲労症候群は比較的新しい病気で、アメリカでは別名で呼ばれています。
また、この病気の原因は、現代医学では分からないため、その治療法も確立していません。

 

しかし、20代から30代の働く女性に多いとされ、日本だけでもその患者数は、
30万人を越えている、という、決して他人ごとではない病気なのです。

 

慢性疲労症候群の症状とは?

 

この「慢性疲労症候群」の主な症状としては、まずはじめに、とにかく疲れが取れません。
なぜ、疲れが取れないのかと言えば、「睡眠不足」だからです。

スポンサーリンク

ですので、この病気はよく、ストレスから来る「心因的睡眠障害」であると

 

心療内科では、診断されてしまうことが多い病気です。
その他の症状としては頭痛・肩こり・眠気・倦怠感・微熱が続く、などがあります。

 

慢性疲労症候群の対処法とは?

 

「慢性疲労症候群」の対処法は、
原因がハッキリしていないため、その症状に合わせた、
投薬療法が、現在では用いられています。

 

例えば「疲労」とは、体内の「活性酵素」が増えてしまうことによって
起こってしまう症状ですので「活性酵素を減らす薬」などが処方されるはずです。

 

また「睡眠障害」は、ストレスと密接に関係していますので、熟睡出来るように、
「精神安定剤」や「鎮痛薬」が処方されることも、容易に予測がつきます。

 

このように「肩こり頭痛で倦怠感と眠気が襲う時」は、
自動車の運転などをすると、
非常に危険な状態だと言えます。

 

もしかすると「慢性疲労症候群」かもしれませんので、早めの受診をまずはじめに、
ふだんからお世話になっている、かかりつけのお医者さんに相談することが、
一番優れた「対処法」であると言えます。

スポンサーリンク