子供の頭痛でこめかみの時とは

スポンサーリンク

ここでは、「子供の頭痛でこめかみの時」についてお話します。

 

大人の頭痛はなんとか自分で解決に導くことができますが、
子供の頭痛は大人が経験する頭痛とは、少し異なるので、
子供が

 

「頭のこめかみが痛い」

 

と訴えてきた場合、
熱はないか確認をして原因を調べる必要があります。

 

子供の頭痛

 

子供の頭痛の多くは、
一過性のものが多いと言われています。

 

しかし急に

 

「頭のこめかみが痛い」

 

と言われたら、
親としては動揺してしまいますが、
落ち着いて対処しましょう。

 

風邪やインフルエンザが流行っている時期なら、
疑ってみてください。

 

他にも鼻水や咳、熱があるなどの症状がある場合、
ほぼ、風邪です。

 

加えて関節などの痛みがある場合は
インフルエンザが疑わしいです。

 

すぐに小児科など病院へ連れて行ってあげてください。

 

他にも頭部に外傷がない確認をし、
ある場合も直ぐに病院へ連れて行ってあげてください。

 

そのどちらでもなく

 

「頭のこめかみが痛い」

 

といわれたら片頭痛であるかもしれません。

スポンサーリンク

子供の片頭痛

 

子供の片頭痛は大人の片頭痛とは少し異なり、
突然始まって突然治まることが多く、

 

元気に遊んでいたのに急に

 

「頭のこめかみが痛い」

 

と言ってくるが、
しばらくするとなかったかのように元気に遊びだし、

 

持続時間が2時間程と短く、
大人のようなズキズキと脈打つような痛みとは違い、

 

両側性、こめかみ付近で頭痛が起き、
締め付けられるような痛みと言われています。

 

子供の片頭痛の原因

 

親の遺伝もあるといわれていますが、
暗い部屋でテレビやゲームをしたり、

 

画面が眩しくみえたりチカチカするものを見たり、
寝すぎや寝不足などが、
片頭痛の大きな誘因になります。

 

また朝ごはんを食べずにいると、
血糖値が下がり頭痛につながります。

 

きちんとバランスのとれた食事をとり、
しっかりと睡眠をとり、身体を動かす。

 

といった規則正しい生活が予防につながります。

 

子供の片頭痛は、
お母さん・お父さんの
心がけで軽減させることができます。

 

大人は大丈夫なテレビの光や音でも、
子供には刺激が強く感じる事もあります。

 

毎日元気に過ごしてくれるように、
大人のサポートが必要不可欠ですね!

スポンサーリンク