頭痛が後頭部で左目の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が後頭部で左目の時」についてお話します。

 

頭痛がするけど後頭部が痛い時、
左側が痛む時左目の奥が痛むときなど
頭痛にもいろんな症状があります。

 

ただの頭痛ならいいのだけど頭痛もやっかいな病気です。

 

仕事や家事が思うようにいかず
イライラしてしまいますよね。

 

しかしほっておくと重大な病気につながりかねないので、
しっかりと調べておく必要があります。

 

また症状がつらい場合は病院に行くことも大切です。

 

頭痛の種類

 

頭痛には大きく分けて3種類あります。

 

1、冷たいものを食べたときになどに起きる「日常的な頭痛」

 

2、脳自体に異常はなく多くの人が悩まされている「慢性頭痛」

 

3、急な激しい頭痛など何らかの病気が原因で起こる「症候性頭痛」

 

慢性頭痛は多くの頭痛の原因で、
ズキンズキンと脈打つような痛みで、

 

主に緊張やストレスから解放された時に起き、
何らかの理由で脳の血管が拡張し、
周囲の神経が引っ張られて痛みが起こる「片頭痛」

 

こめかみから頭の周りを締め付けられるような痛みで、
身体的・精神的ストレスにより起こり、
頭の横や肩や首の筋肉が緊張する事で起こる「緊張型頭痛」

 

アルコールや喫煙が誘因と言われていますが、
未だ発症のメカニズムが解明されていません。

スポンサーリンク

中でも痛みが激しいと言われており、
群発地震のように一度痛みが発症すると、

 

1〜2ヶ月程毎日のように痛みが続き、
半年〜3年経つとまた頭痛を繰り返す「群発頭痛」

 

と大きく分けて3つのタイプがあります。

 

左側後頭部が痛む頭痛

 

後頭部の頭痛は危険な頭痛と言われていますが、
頭痛のほとんどは頭蓋骨の外側の痛みであるものだ
と言われています。

 

後頭部がズキンと痛む症状には、
ストレスや睡眠不足・疲労などが原因の「片頭痛」

 

後頭部にある大後頭神経・小後頭神経・大耳介神経などの
神経の痛みで引き起こされる「後頭神経痛」

 

「高血圧」が原因で脳内に病気が出ると現れる頭痛。

 

環境の変化で現れる「緊張型頭痛」などがあります。

 

また目の疲れによる疲れもあります。

 

長時間パソコンを見たりスマホを見たりいていると、
ピントを合わす筋肉が疲労し頭痛につながります。

 

自己判断では難しいですのでいつもと違う痛みなら、
医療機関で診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク