肩こり頭痛と首こりの時は病院の肩こり外来か整形外科か神経内科!

スポンサーリンク

私たち日本人にとって肩こりや首こりは日常的な問題となっています。
これらがひどくなってしまうと、頭痛や吐き気を伴うこともあります。

 

肩こりや首こりが日常生活に支障をきたす前に早く治してしまいたい、
そんな時あなたはどうしますか?
ここで私がおすすめしたいのは、病院に行くことです。

 

肩こりや首こりだけで病院にいくなんて大げさだと考える人もいますが、
病院に行き、肩こりや首こりの原因をつきとめ、
正しい治療をすることが改善への第一歩なのです。

 

また、肩こりには大きな病気が隠されている場合もあり、
病院へ行くことは重要になってきます。
では、肩こりや首こりで病院へ行くとしたら、何科へ受診すべきなのでしょうか?

 

肩こり外来

 

現在では、肩こり外来という肩こりを専門に扱っている医療機関があります。
主に、肩こりの原因や大きな病気ではないかなどを客観的に診断してくれます。

 

自分が行ける範囲の場所に肩こり外来の
医療機関があるならば、そこに受診されるのをおすすめします。

 

また、肩こり外来はどこにでもあるわけではありません。
次に、肩こり外来がない場合、どの科に受診すべきかを紹介します。

スポンサーリンク

整形外科

 

肩こりで病院へ行こうと思った時にまず最初に思い付くのは整形外科ではないでしょうか。
首や肩、足、腰などの不調の場合の多くは整形外科で受診します。

 

肩こりを治療するために病院へ行くのであれば、
まず整形外科で肩こりの原因が何であるかを診断してもらう必要があります。
ここで異常が見つかれば、その整形外科での治療となり、
痛み止めや湿布などを処方されます。

 

それでも肩こりが改善されない場合は他の科を受診するか、
精密検査を受ける必要があります。

 

神経内科

 

肩こりだけではなく、めまいやふらつき、
頭痛などの症状がある場合には神経内科を受診します。

 

そこでさらに細かな原因をつきとめ、原因が脳や脊髄ならば脳神経外科を、
骨ならば神経外科、耳であれば耳鼻科など、
原因に応じた診療科を紹介してもらうことができます。

 

肩こりや首こりは誰にでも起こりうる症状ですが、
放置しておくと重大な病気に発展してしまうこともあります。
たかが肩こり、首こりだと思って甘く見ずに、
上で述べたような診療科に受診することをおすすめします。

スポンサーリンク