肩こりの薬で処方箋が無いと買えないものとは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こりの薬で処方箋が無いと買えないもの」についてお話します。

 

女性が1位・男性が2位の
自覚症状のある悩みはなんでしょう。

 

それは「肩こり」です。

 

肩こりで悩んでいる人は多く
今では国民病とも言える悩みです。

 

「肩こり」の原因

 

思っている以上に重い頭を支えている首、
肩こりの原因はさまざまですが人は、

 

パソコンをしている時・スマホを見ている時・
本を読んでいる時・料理をしている時など

 

人間は自然と頭が少し前になり
首で頭を支える姿勢をしてしまいます。

 

その状態が長時間続くと肩や首の筋肉が張り、
血管が圧迫され血行が悪くなり
肩こりにつながります。

 

そんな慢性的な肩こりが続くと
イライラしなにも手につかなくなります。

 

「デパス」がすごい

 

肩こりがひどいとセルフケアで
なんとかする事も大切ですが、

 

薬に頼ってしまう人も
少なくないかと思います。

 

しかし市販薬を服用しても
期待していたほど効果がなかったり、

 

つらい痛みの場合、
病院へ行き受診せれる事も選択の一つです。

スポンサーリンク

デパスは病院にかかり医師の診断のもと
処方箋をもらって薬局で購入する薬です。

 

そのため、ドラックストアで買える薬ではありません。
しかしインターネットで個人輸入をする事が可能です。

 

精神科や心療内科をはじめ内科や
整形外科など幅広い科で処方されるお薬です。

 

デパスはベンゾジアゼピン系と分類される抗不安薬で、
不安を和らげる・眠りやすくする・筋肉の緊張をほぐす
けいれんを抑える効果、などがあります。

 

肩こりは筋肉が緊張して起こる症状なので
その緊張を緩める効果があるので、
肩こりにも効果があります。

 

他にもストレスや緊張・不安などで
無意識に肩が緊張し肩こりが起きている場合にも、

 

自律神経の乱れがある場合にも
デパスは効果的とも言えるでしょう。

 

服用後30分で効果を感じ始め
服用後3時間でピークとなります。

 

しかし抗不安作用が強く効果が
比較的強い薬ですので依存性や
刺激興奮・呼吸抑制などの副作用があります。

 

医師や薬剤師の指導のもと必ず
用法容量をきちんと守って服用してください。

 

肩こりは慢性的に悩まされている人が多くつらい症状ですが、
時間を作って病院へ行き根本的な治療をすることも必要です。

 

「肩こり」の悩みが解消されれば
すこしは気分が違いますよね。

スポンサーリンク