マットレスで肩こりにおすすめとは?

スポンサーリンク

ここでは、「マットレスで肩こりにおすすめ」についてお話します。

 

肩こりと睡眠には深い関係があります。
質の良い睡眠をとることで、肩こり解消にもつながります。

 

その「質」は、寝るときの寝具、姿勢、部屋の環境、
寝る前の行動などを改善すること向上させることができます。

 

その中で、今回は寝具に注目し、
肩こりに悩む人にお勧めのマットレスをご紹介していきます。

 

マットレスで肩こりが起きる理由とは?

 

人の睡眠時間は、それぞれ個人差がありますが6〜8時間ほどです。
その長時間、毎日寝るということをするので、
マットレスが合っていなければ当然、体に負担がかかってきます。

 

まずマットレスが硬すぎる場合、
体にかかる圧力が分散されずしんどくなってしまいます。
横向きで寝ると、下になっている方の肩にかなりの負担がかかってしまいます。

 

反対に、柔らかすぎるマットレスは、体が沈みすぎて、
本来無意識のうちに行う寝返りがうまくできず、
同じ姿勢が続き、首や肩を痛めてしまいます。

 

よく耳にする「低反発マットレス」もこれに当てはまります。
このように、マットレスが硬すぎても柔らかすぎても、
肩こりの原因になってしまうのです。

 

その他に、マットレスをつい長年使用していて
マットレスが歪んでしまっている場合もあります。
歪んだ姿勢での睡眠も肩こりの原因になるのです。

 

どのようなマットレスが理想か?

 

理想は「程よい硬さ」です。
また、「高反発マットレス」といわれるものもお勧めです。

 

体がマットレスに沈みすぎず寝返りもうてる硬さがあって、
自然に、立っているときと同じような
体のラインになるようなマットレスが良いのです。

スポンサーリンク

どのような商品があるのか?

 

オーダーメイドで寝具を作ることができるお店があります。
そこで細かいカウンセリングや計測を受け、
実際に試して自分に合ったマットレスを作るのはお勧めです。

 

既製品だと、高反発マットレスか、
ポケットコイルを使用したマットレスを選びましょう。

 

高反発マットレスは、必要最低だけ体がマットレスに沈み、
体への負担もなく、寝返りも自然にできます。耐久性や通気性も良いです。

 

ポケットコイルは、程よい硬さで、コイルが点で体を支えるため
自然な姿勢に合わせてマットレスが変形します。
体の一部に力がかかったり、負担がかかることを避けられます。

 

具体的な商品をあげると、ブレスエアー、コットン、マニフレックス、
エアウィーヴなどがあります。

 

ネットでも購入できますが、もし自分に合わなかった場合、
返品が可能か調べて購入しましょう。

 

購入の際の注意点!

 

一番良いのは実際に試してみることです。
先ほど名前を挙げたような有名な会社のものでなくても、ニトリや家具、
寝具店でもポケットコイルや低反発のマットレスはたくさんあります。

 

実際に触れてみて、寝転がってみて
自分にフィットすると感じるものを購入するのが良いです。
実際にお店に行く方がサイズや値段もわかりやすいですよね。

 

店員さんにもアドバイスをもらいましょう。

 

ネットで購入する場合、口コミや人気ランキングなどで
良い商品だと思っても自分には合わない場合もあるので、
全て鵜呑みにするのは要注意です。

 

また、価格が高いほど良い商品だという保証もありません。
間違った選択はかえって肩こりをひどくさせてしまう可能性があります。
毎日使うマットレスなので、丁寧に選びましょう。

スポンサーリンク