肩こりめまいは何科なの?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こりめまいは何科なのか」についてお話します。

 

若い頃はそんなに気にならなかった「肩こり」
めまいが伴ったり、頭痛が伴ったり。

 

大人になるとそのつらさはなかなか深刻です。

 

深刻な肩こりでなければ病院にも滅多に行かないですし、
そもそも何科に行けばいいのかも分からないですよね。

 

自分で治せたらいいですよね!

 

「肩こり」の原因

 

肩がこる原因は筋肉が
硬くなることによって起きる症状です。

 

我々の頭は想像以上に重く、
その頭を支えている首や肩の筋肉に負担がかかります。

 

そのため長時間のデスクワーク、長距離運転、読書など、
長時間前かがみの姿勢を取り続けると、

 

肩や首の筋肉を常に緊張させているので、
肩コリになりやすいです。

 

他にも肩に力が入ってしまうような精神的なストレス、
目の疲れ、腕や手の疲れなどが「肩こり」につながります。

 

また肩こりは長時間同じ体勢をしていたり、
精神的なストレスを身体に与えると、
自律神経が乱れ身体を緊張させ血管が圧迫され

 

血液が上手く流れず筋肉の緊張が強まり、
末梢神経が刺激され違和感を感じます。

 

病院はどこに行けばいいの?

スポンサーリンク

「肩こり」にも合わせて
いろいろな症状が現れる事もあります。

 

肩こりを決してあまく見てはいけません!

 

肩こりだけなら整体や接骨院、整骨院、
カイロプラクティックなど、
専門家の施術が必要になりますが、

 

他にも症状がある場合は病院で、
診てもらった方がいい場合もあります。

 

その際、まず「整形外科」に行かれる方がいいです。

 

肩こりの原因は首や肩の筋肉に関係があるので、
まず基本となる整形外科で診てもらい、
整形外科で分からなければ他の科へ案内してくれます。

 

めまいや頭痛、手足にしびれや力が入らない、
というような症状がある場合は「神経内科」へ。

 

ひどい頭痛や嘔吐、手足のしびれがあるのなら、
「脳神経外科」へ。

 

ストレスからくる肩こりもあり、
精神不安定な時も多いと感じる方は
「心療内科」や「精神科」を受診する選択もあります。

 

たかが肩こり、されど肩こり。

 

どうしてもつらい場合は病院に
いってみてはいかがでしょうか。

 

なかなか奥の深い「肩こり」
私も肩こりがひどく、治療中です。

 

肩こりが解消されれば気分も今より明るくなりますね。

スポンサーリンク