目の奥の頭痛でめまいの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「目の奥の頭痛でめまいの時」についてお話します。

 

頭痛がするけどなんだか
目の奥が痛いことはありませんか?

 

ひどい痛みでめまいがするなどの症状がある方
それは群発頭痛かもしれません。

 

慢性頭痛の種類

 

頭痛にはさまざまな原因がありその症状はさまざまです。
ただの頭痛だけの人もいれば肩こりを伴う人などがいます。

 

頭痛と一言で言っても種類はさまざまです。

 

多くの人の「頭痛」は慢性型頭痛と呼ばれる頭痛です。
大きくわけて

 

「緊張型頭痛」「偏頭痛」「郡発頭痛」

 

と3つあります。

 

その中には目の奥が痛いと感じる
症状がある頭痛には「郡発頭痛」があります。

 

郡発頭痛とは

 

目の奥にある内頚動脈(脳に栄養を送るための太い血管)が、
何らかの原因で拡張する事と考えられています。

 

郡発地震のようにある時期に集中して
頭痛がおこる症状なので、
「郡発頭痛」と言われています。

 

春先や秋口など季節の変わり目に始まり、
一度起こると1〜2ヶ月程毎日のように頭痛が起きます。

 

その後半年から2〜3年しばらくすると
再び同じような頭痛が起こるのです。

 

郡発頭痛は20代〜40代の男性に多く
女性の4〜5倍と言われています。

 

症状

 

郡発頭痛は慢性頭痛の中でも
痛みがひどいことが特徴です。

 

その痛みは

スポンサーリンク

「目がえぐられるような痛さ」

 

「きりで刺されるような痛さ」

 

「ハンマーで殴られたような痛さ」

 

と言われるように、
痛くてじっとしていられないほどの強烈な痛みです。

 

他にも目の充血や涙・鼻水
鼻づまりなどを伴うこともあります。

 

原因

 

郡発頭痛のメカニズムは
未だはっきりと解明されていないのですが、

 

目の後ろを通る血管が拡張し
炎症を起こして目が痛むと言われています。

 

また近辺の自律神経も刺激され
涙腺の働きや瞳孔の大きさなども変わっていきます。

 

しかしながらアルコールを飲むと
100%の確立で痛みが発症すると言われており、

 

どんなにアルコール好きでも
この時期はアルコールを避けるといいます。

 

また喫煙や気圧の変化も
原因があると言われています。

 

改善策

 

郡発頭痛の治療には薬物療法と
酸素吸入法が中心となります。

 

他にも皮下注射・点鼻薬などがあり、
基本病院での治療になります。

 

発症すると痛みが起こる時間が一定していて、
この時期は予防薬を服用し痛みを予防できます。

 

激しい痛みと付き合うのは本当につらい事です。

 

心当たりのある方は我慢をするのではなく、
病院や頭痛外来などへいき見てもらってくださいね。

スポンサーリンク