目の奥に痛みがある頭痛肩こりのツボは目周辺の晴明や攅竹など!

スポンサーリンク

ここでは、「目の奥に痛みがある頭痛肩こりのツボ」についてお話します。

 

肩こりと目の疲れ

 

パソコンやスマートフォンの普及によって、
目を酷使する事が増えて目の疲れを訴える人が多くなっています。

 

目の疲労を疲れ目といい、眼球を動かすための筋肉を使い続けることで、
筋肉が緊張しっぱなしの状態になり、血流の循環が悪くなって目がかすんだり、

 

焦点があわなくなり、ぼやけるなどの症状が起こります。この症状が悪化すると、
目が充血したり、物を見るだけで目が疲れたり、目の奥に痛みを感じたり、
肩や首が痛くなり、ひどい場合は頭痛や吐き気を催します。

 

疲れ目が悪化して眼精疲労になります。
眼精疲労になると、しっかり睡眠をとって目を休ませても回復が見られない状態になり、
日常生活に支障をきたすようになります。

スポンサーリンク

眼精疲労に効くツボ

 

眼精疲労は、目の周囲の筋肉のコリなので、血流を良くすることで症状が緩和されます。
目が疲れたと感じたら、無意識のうちに目頭と鼻の間を抑えている事はないですか?
その部分には晴明(せいめい)と呼ばれるツボがあります。

 

目の周りの緊張をほぐす効果があり、目の疲れや目の奥の痛みが緩和されます。
次に眉毛の始まりの部分を押すと攅竹(さんちく)と呼ばれるツボがあり、
頭痛の緩和やまぶたの痙攣に効果があります。

 

パソコンを毎日使う人にお勧めのツボです。
眉毛の始まりと眉尻の中間地点には、魚腰(ぎょよう)というツボがあり、
固まった目の筋肉に刺激を与えてうっ血を解消してくれます。

 

眉尻にある(しちくこう)と呼ばれるツボは、眼精疲労に最も効くツボで、
目の周囲の緊張を一気に緩める効果があります。
疲れた時にこのツボを押すと気分もリフレッシュできます。

 

目の奥や頭が痛い時に、こめかみをギューと押すと少し楽になリますが、
このツボは、太陽(たいよう)と言い、眼精疲労や、頭痛の緩和に効果のあるツボで、
このツボを定期的に押していると、眼科いらずと言われるくらい効果があります。

 

首の後ろに2本通っている太い筋の外側で髪の毛の生え際にあるくぼみには、
天柱・風池(てんちゅう・ふうち)」と呼ばれるツボがあり、
眼精疲労や肩こり、頭痛に一番即効で効果のあるツボです。
疲れ目や、肩こりで目の奥や頭痛がひどい時にぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク