目の疲れの頭痛薬とは?

スポンサーリンク

ここでは、「目の疲れの頭痛薬」についてお話します。

 

長時間パソコンや読書などで
目を使いすぎてしまうと、
眼精疲労となってしまいます。

 

眼精疲労は頭痛の原因となり、
頭がズキズキと痛むことが多いです。

 

そんな時には、できるだけ早く
痛みを治したいと考えるものですよね。

 

そこで今回は、眼精疲労による
頭痛に効く薬を紹介します。

 

モアストレッチ錠

 

眼精疲労に効果的な、市販のお薬です。
近所の薬局やドラッグストアなどで手に入ります。

 

この薬は、目の周りの血流を改善したり、
筋肉や神経の働きをサポートする効果があります。

 

そのため、頭痛の対策になるのです。

 

ピップ内服薬

 

これは、ドリンクタイプの市販薬です。

 

飲みやすいので、
飲み薬に抵抗がある方におススメ。

 

眼精疲労だけでなく、
肩こりなどにも効果的な薬です。

 

痛み止め薬

 

痛みがつらい時は、
すぐに痛みを和らげてくれる、
痛み止めを服用すると良いでしょう。

 

根本的な改善は出来ませんが、
痛みを取り除くには十分な効果があります。

 

処方薬で一番効果のある薬が、
ボルタレンという痛み止め薬です。

 

しかしこの薬はとても効果が強いので、
病院で処方してもらわないと
手に入れることはできません。

スポンサーリンク

市販薬でボルタレンと同じくらいの
効果が得られるものには、
ロキソニSやイブA錠があります。

 

頭痛薬で有名なロキソニン。

 

痛みを抑える成分が、ボルタレンでは
ジクロフェナクナトリウムというものに対して、

 

ロキソニンではロキソプロフェンナトリウム
という成分に変わっているだけです。

 

この成分の違いによって、効能が少し変わり、
ボルタレンより痛みを抑える効果が少し弱いです。

 

とはいっても、ボルタレンがとても強い薬なので、
普通の頭痛であればロキソニンでも十分な効果があります。

 

頭痛を感じたら、まずロキソニンを試して、
効果が感じられなかったら病院で
ボルタレンを処方してもらうと良いでしょう。

 

イブという薬も、頭痛などの
痛み止めで有名な薬です。

 

値段が他の痛み止め薬と比べ
て安いので、おススメです。

 

成分はイブの場合、イブプロフェンナトリウム
という成分に変わっています。

 

効果はロキソニンと同様に
鎮痛効果が少し下がってしましますが、

 

人によって聞きやすい薬の成分が違うので、
こちらのほうが効くこともあります。

 

また、イブはボルタレンよりも
圧倒的に胃に優しいです。

 

痛み止めを飲んで胃が痛くなってしまう場合は
イブを試してみると良いでしょう。

 

このように、眼精疲労による
頭痛に効く薬は沢山あります。

 

市販にも効果が期待できるものが沢山あるので、
もし病院に行けなくても
試してみると良いでしょう。

スポンサーリンク