肩こりネックレスで野球選手のものとは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こりネックレスで野球選手のもの」についてお話します。

 

ネックレスを着ける野球選手の増加

 

野球選手が試合中に
ネックレスを着用しているのを
しばしば見かけます。

 

ネックレス着用を禁止する球団がある中、
近年は、アスリート用の肩こり改善ネックレスが開発され、
球団や選手と契約するメーカーまで出てきています。

 

肩こりネックレスを着けるだけで、
パフォーマンスが上がる、という口コミが広まり、
今や、多くの野球選手が着用しているわけです。

 

ここでは、
肩こりネックレスの野球選手への効果
について説明します。

 

肩こりネックレスのスポーツ的効果

 

肩こりネックレスは、
こりのある部分の血管に働きかけ、
滞りがちな血流を良くすることで、

 

筋肉の緊張をほぐしたり、
疲労を回復したりする作用を期待しています。

 

メジャーリーグで活躍する
元広島カープの前田健太投手は、
投球前に特有の運動をすることで有名です。

 

少し前かがみになり、肩を交互に回したり、
腕を背中の方へ上げたりする運動です。

 

これは、1試合のうち100球以上
全力で投げ続けなければならない投手が
肩を痛めないためのものです。

 

肩の関節や肩甲骨の周囲の筋肉を
柔軟にすることで、

スポンサーリンク

パフォーマンスが上がるとともに、
ケガをしにくくなります。

 

野手も、遠く速く投げる、
どんな球種にも対応して打つなど
肩を柔らかく保つだけで、同様の効果を得られます。

 

それを助けるグッズとして、
肩こりネックレスを使用する訳です。

 

野球選手愛用の肩こりネックレスとは

 

野球選手の着用が多いのが、
コラントッテ社の磁気ネックレスと、
ファイテン社のチタンネックレスです。

 

コラントッテのネックレスは、
磁石のN極とS極を交互に配列することで、

 

首や肩の広範囲に磁力の影響があるように
設計されています。

 

人間の体には「生体電流」という微弱の電流が
流れていると考えられているので、

 

生体電流を正常に整えることによって、
血行を良くする作用を期待しています。

 

ファイテンのネックレスは、
独自の技術でチタンをナノレベルで水中に
分散した「アクアチタン」を繊維に織り込んでいます。

 

アクアチタンは、血流を整えるだけでなく、
本来の体のリズムを取り戻し、
心身ともにリラックスする作用も期待されています。

 

いずれも、スポーツ仕様のものは、
着脱がしやすく、
汗や水に強い素材でつくられています。

スポンサーリンク