肩こりの飲み薬のランキングとは?

スポンサーリンク

ここでは、「肩こりの飲み薬のランキング」についてお話します。

 

肩こりに悩む人は多くいます。
日本人の男女ともに、自覚している
体の不調として上位に「肩こり」があがっています。

 

日常茶飯事に肩こりが起こる人も、たまに起こる人も、
長期的に付き合っている人も、誰にとっても肩こりは辛く、
生活や仕事にも支障をきたします。

 

少しでも楽になりたい!
病院に行くほどではないけど何か良い薬はないの?
と思っている貴方に、肩こりに効く飲み薬のランキングを紹介します。

 

飲み薬ランキング!

 

1位…コリホグス(小林製薬)

 

クロルゾキサゾンという筋肉弛緩成分が凝り固まった筋肉をやわらげ、
エテンザミドという痛み止め成分が肩や首筋の痛みをやわらげます。

 

すばやく肩こりに効く薬です。
効果が強いので、すぐに痛みを止めたい場合にはお勧めですが、
そのぶん眠たくなったり、ぼーっとしてしまう副作用もあるので、
飲むタイミングを考えて飲みましょう。

 

2位…ノイビタコンドロ錠(第一三共ヘルスケア)

 

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムに加え、
ビタミンB1・B6・B12、天然型ビタミンEも配合されています。
軟骨成分の合成を促進したり、血液の流れを良くし、肩こりをおさえます。

 

3位…ナボリンS(エーザイ)

 

筋肉疲労に効くビタミンB1、血行不良に効くビタミンE、
末梢神経の傷を修復する活性型ビタミンB12や葉酸が含まれています。

 

4位…アリナミンEX(武田薬品工業)

 

ビタミンB1誘導体フルスルチアミンに、ビタミンB6、ビタミンB12、
ビタミンEが配合されています。このように、
筋肉弛緩成分ではなく血液の循環を重視したビタミンがメインの薬です。
多少匂いが気になる人もいます。

 

5位…ドキシン錠(武田薬品工業)

 

メトカルバモールという成分が、異常な筋肉のこりや緊張を和らげます。
血行を促すビタミンEや、鎮痛作用のあるビタミンやカフェインも含まれています。

スポンサーリンク

漢方薬も!

 

上記で紹介した薬は肩こりに特化し、効果のあるものですが、
実は漢方薬も肩こりに効く場合があります。一番有名なものだと、
「葛根湯(かっこんとう)」です。

 

こちらは、風邪薬として使用する人がほとんどです。
しかし血流を良くしたり、体を温めたり、
鎮痛作用や抗炎症作用のある漢方でつくられているので、肩こりにも効果的です。

 

肩こりに効く漢方薬は他にも、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、
大柴胡湯(だいさいことう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などがあります。

 

どの漢方薬にどのような特徴があり自分に合うのか、
薬局やドラッグストアの薬剤師に相談してみましょう。

 

薬は人それぞれ効果が違う!

 

薬にはそれぞれ特徴があり、使われている成分や、その成分の量が違います。
効き目の強さも違いますし、血行促進をメインとしているのか、
鎮痛をメインとしているのか等と、何に重きを置いているのかもそれぞれです。

 

そのうえ、人それぞれ肩こりの症状や併発している症状が違ったり、
体調の違いもあるので、どの薬が自分に合うかは人それぞれです。

 

初めて服用する薬がぴったり合う場合もあれば、
何度か薬を変えて自分に合う薬が見つかる場合もあります。

 

薬剤師のアドバイスを聞き、自分の体と相談しながら、
また、インターネットや周りの評判も参考にして、
あなたに会う薬を見つけてくださいね。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
「肩こり頭痛の症状で薬は何があるのか?」について、
私と一緒にお勉強しましょうね!

スポンサーリンク

肩こりの飲み薬のランキングとは?記事一覧

ここでは、「肩こり頭痛に効く薬」についてお話します。肩こりを伴う頭痛に効く薬を紹介します。解熱鎮痛消炎剤肩こりや頭痛などの痛みを和らげるのによく使われるのが、解熱鎮痛消炎剤です。あくまで頓服として扱い、症状が改善しないからと漫然と長期的に服薬することは推奨されていません。症状が治まり次第、服薬を中止し、また、効き目のない場合は、医師に相談してください。・ロキソプロフェン服用には医師の処方箋が必要で...

ここでは、「肩こり頭痛にイブは効くのか」についてお話します。あなたは肩こりや頭痛を感じた時に、どんなことをしますか?手を当ててもんでみたり、揉みほぐしに通ったりしても、その時はよくてもまたすぐに戻ってしまいますよね。肩こりによいとされる薬も、世の中に数多く出回っています。その中でも有名なものがエスエス製薬の、イブという薬。常備薬として持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。この薬は、肩こりから...

ここでは、「肩こりの飲み薬で口コミ」についてお話します。肩こりに悩み、飲み薬を購入したいといざ思っても、どの薬を選べばいいの?とまず迷います。もちろん、薬のパッケージに書いてある成分を見たり、インターネットで調べるとその薬の特徴はわかります。しかし、すべての人に同じ効果が現れるとは限りません。実際に服薬してみると、思っている以上に効果があったり、反対に、体に合わなかったりと、服薬したからこそわかる...

ここでは、「肩こり頭痛にバファリンは効くのか」についてお話します。肩こりによる頭痛は、「緊張型頭痛」と呼ばれ、後頭部から首筋にかけておもぐるしい痛みを感じます。この頭痛は、血行不良やストレスの蓄積が主な原因です。長時間のデスクワークやスマートフォンの使用をすることが増えた現代では、よく見られる症状。ひどい時にはめまいやしびれなどを引き起こすこともあります。このような頻繁に起こる肩こりや頭痛は、「自...

ここでは、「肩こりの飲み薬でおすすめ」についてお話します。肩こりの薬には様々な種類があります。ただ単に「効く」「効かない」というものではなく、「即効性はあるけれど長く効かない」「効果はあるけれど副作用も大きい」「効果はそこそこだけれどコストパフォーマンスが良い」「肩こりだけでなく体のだるさもとれる」など、それぞれメリット・デメリットや特徴があります。これを踏まえ、全体的に見ておすすめの肩こりに効く...

ここでは、「肩こりと首こりと頭痛の薬」についてお話します。緊張型頭痛肩こりや首こりの症状が長引くと、後頭部から頭痛が始まることがあります。このような頭痛を「緊張型頭痛」と言います。デスクワークなどで長時間同じ体勢を保つことによって、血行不良になり、肩や首に乳酸などの疲労物質がたまり、神経を刺激することによって痛みを生じます。また、仕事が多忙で疲れを感じるなどの精神的ストレスも筋肉のこりや頭痛を起こ...

ここでは、「肩こりの薬で筋弛緩剤」についてお話します。肩こりの薬には、塗り薬や、湿布などの張るタイプの薬、また、飲み薬には筋弛緩剤・ビタミン剤・漢方薬・鎮痛剤・精神安定剤など複数の種類があります。人それぞれ、体に合うものや、効果、好みはそれぞれです。この中から、今回は、飲み薬の「筋弛緩剤」について、くわしくご紹介します。「筋弛緩剤」って何?しくみは?筋弛緩剤は名前の通り、固まった筋肉をゆるめる薬で...

ここでは、「眼精疲労で頭痛肩こりの薬」についてお話します。肩こりと眼精疲労肩こり頭痛と目には非常に深い関係があります。最近では、スマホやパソコンの普及により、これらを長時間使用する事による体の悩みが増えています。特に一日中パソコンを使う仕事をしている女性では8割以上の人が、冷え、肩こり、眼精疲労などの症状を訴えています。こうした症状は、血液の循環が悪くなって起こります。パソコンやスマホの画面を同じ...

ここでは、「肩こり頭痛に効く漢方薬」についてお話します。肩こりと同時に頭痛をおこす場合があります。ダブルパンチで非常に辛く、何も手につかなくなります。どうにかならないかとまず薬の服用を考えます。肩こりに特化した薬、頭痛に特化した薬、両方に効果のある薬、と色々あり、西洋薬(私たちが一般的に飲んでいる薬)を服用する人が多いですが、漢方薬も体に合えばとても良い薬なのです。今回は、肩こりと頭痛に効く漢方薬...

ここでは、「花粉症での頭痛肩こりの薬」についてお話します。肩こりと花粉症の意外な共通点花粉症と言えば、春先に飛んでくるヒノキやスギの花粉で、くしゃみ、鼻水、目のかゆみに加えて肌荒れや睡眠不足など様々な症状を引き起こす大変厄介な病気です。人の体には異物を排除する機能が備わっていて、花粉が体内に侵入すると、異物として排除しようと、免疫系のシステムが作動します。そんな花粉症と肩こりですが、一見、共通する...

ここでは、「肩こり頭痛と吐き気の漢方薬」についてお話します。漢方薬とは?何か病気にかかった時に病院で貰う薬は、西洋医学に基づいて処方されています。漢方薬は、近年では、病院でも処方されるようになり、より身近なものになってきました。漢方は、伝統的な中国医学で、長い歴史を得て、日本に渡ってきました。漢方薬とは、2種類以上の天然生薬と言われる植物、動物、鉱物由来の成分でできたものです。原典に基づいた数種類...

ここでは、「肩こりピップエレキバンの効果」についてお話します。肩こりには「ピップエレキバン」という商品は、CMでもよく流れていますし耳にしたことのある人も多いでしょう。それだけ名前を聞くということはやっぱり効くの?でも今では他にも薬がたくさんあるんじゃない?と、気になってはいるけれど購入は迷うという人もいますよね。そこで気になる「ピップエレキバン」について商品についてや、その効果について今回はご紹...

ここでは、「ロキソニンパップは肩こりに効果があるのか」についてお話します。肩こりに使用する薬に「ロキソニンパップ」というものがあります。「ロキソニン」という痛み止めの飲み薬は良く知っている人も多いのではないでしょうか。そして「パップ」は、貼付(ちょうふ)剤のひとつで、オランダ語で糊状の薬剤を張り付けて治療を及ぼすという意味があります。簡単に言うと、ロキソニンパップは痛み止めの貼り薬ということです。...

ここでは、「ロキソニンゲルは肩こりに良いのか」についてお話します。つらい肩こりには、外用のロキソニンがおすすめです。貼り薬よりも使いやすいゲルタイプを紹介します。外用ロキソニンを知ろう!ロキソニンというと、解熱鎮痛消炎剤の内服薬が一般的です。炎症の原因となるプロスタグランジンという物質を抑制する作用があり、あらゆる炎症に用いられています。内服と同じロキソプロフェンナトリウムを経皮吸収型製剤として開...

ここでは、「肩こり頭痛の薬が効かない時」についてお話します。肩こり頭痛の薬頭痛には、片頭痛と緊張型頭痛があり、どちらのタイプの頭痛かによって飲む薬が違います。緊張型頭痛の場合は、長時間、姿勢を変えなかったり筋肉が緊張して、血流が悪くなっておこる頭痛です。緊張型頭痛の場合は、ロキソニンなどの鎮痛剤で筋肉痛のような肩の痛みや頭痛は緩和されて、痛みは一時的には良くなりますが、後頭部の重みが残ったり、スッ...

ここでは、「肩こりに効く漢方はツムラなのか」についてお話します。ここでは、副作用がほとんどない、肩こりに効くツムラの漢方を紹介します。・葛根湯(かっこんとう)風邪のひきはじめに飲むことで一般的な葛根湯は、解熱鎮痛消炎薬とみなされているので、首の後ろから背中にかけてのこりに効きます。カッコン、タイソウ、マオウ、カンゾウ、ケイヒ、シャクヤク、ショウキョウが配合されています。特に、シャクヤクは痛みを和ら...

ここでは、「肩こりの塗り薬でスティック状のもの」についてお話します。肩こり症状には、こっている部分に直接働きかける塗り薬が効果的です。貼り薬と同様、即効性が期待できます。中でも、薬の容器がスティック状になっているものは、肩から背中にかけて塗りやすいのが特徴です。ここでは、スティックタイプの塗り薬について紹介します。スティック型塗り薬のメリット同じ作用ならば塗り薬か貼り薬か迷うところですが、塗り薬は...

ここでは、「肩こり首こりに効く薬の成分」についてお話します。肩こり首こりに効く内服薬の成分をご紹介します。肩こり首こりに効く内服薬マッサージや貼り薬で肩こりや首こりが改善しない場合は、内服薬の服用が効果的です。市販の内服薬は、血行を良くし、疲労を回復することによって、肩こり首こりをほぐす、という効果を期待してつくられています。ただし、1ヶ月以上服用しても効果のない場合は、服用を中止し、医師や薬剤師...

ここでは、「心療内科の肩こりの薬」についてお話します。もはや現代病とも言われる「肩こり」。肩がこっていると作業もスムーズに行かず、仕事にならない人もいるのではないでしょうか。すぐに首から肩にかけての筋肉は張り肩が重くなり、パソコン作業などずっと前かがみのような同じ体勢でいる事が、つらく慢性的な肩こりに悩まされている人は少なくないでしょう。そもそもの「肩こり」の原因肩がこる原因は筋肉が硬くなることに...

ここでは、「更年期の肩こりの薬」についてお話します。厚生労働省が調査する国民生活基礎調査において、日本人女性が悩む症状の1位は「肩こり」です。しかし更年期障害に多く見られる症状に肩こりがあります。それまで肩こりにあまり悩まなかった人が、突然肩こりしやすくなるといいます。なぜ更年期に肩がこりやすくなるのでしょう。更年期障害とは更年期とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指し、日本人女性は45〜55歳...

ここでは、「肩こりの薬で処方箋が無いと買えないもの」についてお話します。女性が1位・男性が2位の自覚症状のある悩みはなんでしょう。それは「肩こり」です。肩こりで悩んでいる人は多く今では国民病とも言える悩みです。「肩こり」の原因思っている以上に重い頭を支えている首、肩こりの原因はさまざまですが人は、パソコンをしている時・スマホを見ている時・本を読んでいる時・料理をしている時など人間は自然と頭が少し前...