奥歯の痛みと肩こりの関係は深い!虫歯は無いのに歯痛する人が急増中

スポンサーリンク

ここでは、「奥歯の痛みと肩こりの関係」についてお話します。

 

歯痛と肩こり

 

熱が出たり、歯茎が腫れたり、歯が痛いと歯医者へ行ったものの、虫歯が見つからない。
痛みの原因が何なのか分からない原因不明なのに歯が痛いと悩んでいる人が増えています。

 

歯痛の原因は、虫歯や、歯を食いしばることで痛みが出る、
食事の時の癖で同じ方で噛む癖のある人、仕事や緊張した場面で
食いしばることで肩こりになるなど様々です。

 

歯が痛いからと言って、虫歯や歯周病が原因と言う訳ではないのです。
パソコンを長時間使い続けている人は、パソコンの画面を見ながら、
自分でも気づかないうちに歯を食いしばっています。

 

集中してくると、頭や顎が前へ突き出すような格好でキーボードを打っているために、
首が前傾してしまい、重たい頭を支えている肩や首が凝ります。
首が前傾してしまう姿勢では、下あごが首の方向へ引かれた状態になっています。

スポンサーリンク

下あごが後ろへずれると、下あごに載っている下の歯が一緒に後ろへずれてしまいます。
そうすると、上の歯とかみ合わせが悪くなってきます。
首には、血管や神経や筋肉などの組織が集まっていますが、
肩や首の筋肉が緊張し続けることで、血管や神経を圧迫してしまいます。

 

毎日の少しずつの歪みが蓄積されることで、肩こりや首凝りがひどくなり、
首で繋がっている顎や歯も痛くなってくるという訳です。

 

歯痛と肩こりの改善方法

 

歯痛を伴う肩こりは、肩こりの改善も必要ですが、
体のズレを元の位置に戻す事も大切です。
首筋や耳の後ろから肩にかけて凝っていると感じたら、リンパのマッサージをして、
楽になるようなら歯痛も自然と改善されて行きます。

 

まずは、自分の姿勢が悪い姿勢になっていないか、同じ方で噛む癖がないか、
パソコンを何時間も続けて、頭を前に突き出してないかなど日常生活の中で注意して、
整体やマッサージで体の歪みを矯正するとすぐに解消されます。

 

また、歯医者へ行き、歯のズレが生じている場合は、
マウスピースで歯のズレを矯正するなども効果的な対処法です。

スポンサーリンク