パソコンでの肩こり対策グッズとはノートパソコン専用スタンドなど!

スポンサーリンク

ここでは、「パソコンでの肩こり対策グッズ」についてお話します。

 

パソコンで肩こりがひどくなる前に

 

現代では、パソコンやスマホの普及により、どこの会社もパソコンで
仕事や情報の管理を行っているので、現代の職業病の一つと言っていいほど、
事務作業で肩がこる人が急増しています。

 

パソコン操作や資料を見ながらの作業だと、画面が目の高さより下になってしまうため、
首を下に向ける姿勢になってしまいます。頭を首、肩、背中の筋肉で支え続けるので、
肩こりや首こりがひどくなってしまいます。

 

肩こりを解消するための便利なグッズを使いながら、
長時間のデスクワークを乗り切りましょう。

 

肩こり対策グッズ

 

パソコンの使用する環境を改善する場合、ノートパソコンを使っていると、
常に下向きの姿勢でいるので、デスクトップパソコンを使っているより
肩や首に負担がかかります。

 

パソコンをノートパソコン専用のスタンドに乗せて目の位置を同じ高さに調整します。
自分に合った高さに調整できるため、
無理なくきちんとした姿勢でパソコン作業ができます。

スポンサーリンク

その際、ノートパソコンのキーボードが使いにくくなるので、
外付けのキーボードも一緒に購入すると、より使いやすく肩こりの軽減になります。

 

次に、パソコン作業を楽にしてくれる便利グッズですが、
首につけているだけで磁気の力で肩こりが緩和できるピップマグネループがお勧めです。
肩こりが軽減できるだけでなく、磁気が血行を良くしてくれるので、
肩こりからくる頭痛にも効果的です。

 

パソコンのマウスを使ってる人は、右手を酷使し、常に右手を前に出したままの
状態が続くため、末梢神経に障害がおきやすくなります。
手首痛や肩こり、手のしびれに悩んでいる人が多いので、
そんな人にはリストレストがお勧めです。

 

クッション性のあるリストレストを手首の下に敷くだけで、
マウス操作をサポートしてくれます。
長時間、画面を見続けていると目が乾燥してドライアイになってしまいます。

 

パソコン用のメガネをかけることで、目の乾燥を防いでくれます。
また、パソコンの画面から放たれるブルーライトが眼精疲労の原因になっていて、
人体にあまり良くない青い光として話題になりましたが、
このブルーライトをカットするメガネも、眼精疲労からの肩こり頭痛の予防に効果的です。

スポンサーリンク