臨月で頭痛吐き気の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「臨月で頭痛吐き気の時」についてお話します。

 

臨月に入り、体が出産の準備をするのと同時に、
頭痛が起こり、吐き気まで感じることがあります。

 

ここでは、臨月時の変化、
頭痛の原因、予防・解消法を紹介します。

 

臨月の体や心の変化

 

ホルモンバランスの変化により、
血流量が変化し、炎症を起こすことがあります。

 

その典型的な例が、鼻づまりです。

 

鼻の粘膜の血流量が増えて
うっ血し、鼻炎になります。

 

他に、鼻血が出たり、耳がつまる感じがしたりします。

 

胎児が大きくなるので、腰痛がひどくなり、
ますます体が重く感じられます。

 

胎児が下がるために
おしりや骨盤周辺に不快感や痛みを感じます。

 

さらに、膀胱が圧迫され、頻尿になります。

 

女性ホルモンの影響から
精神的にストレス状態になります。

 

不眠になり、十分な睡眠がとれなくなります。
興奮や動揺をしやすくなり、不安感が増します。

 

いらいらして神経過敏になったり、
あせって落ち着かなくなったりします。

 

以上のような症状が
臨月には現れる傾向があります。

 

頭痛の原因

 

臨月に起きる頭痛の原因は、
臨月の体と心の変化にあります。

 

副鼻腔炎や蓄膿症が頭痛の原因になるように、
妊娠性鼻炎の鼻づまりでも
頭痛に発展することがあります。

 

また、腰痛や肩こりが悪化することで、
緊張型頭痛を起こしやすくなります。

 

さらに、出産に耐えられる体力を胎児につけるため、
母体の水分や栄養分を
血液を通して送り込んでいます。

 

したがって、
胎児の圧迫による頻尿も加わって、
水分や鉄分が不足します。

スポンサーリンク

水分不足になると、
足首や足、手や顔にむくみが生じたり、
吐き気を伴う頭痛、便秘、肌荒れなどが起こります。

 

鉄分が不足すると貧血状態になります。

 

そうなると、
動悸、息切れ、めまい、立ちくらみを
伴う頭痛が起こります。

 

ここに、心の変化も加わります。

 

精神的なストレスや睡眠不足は、
頭痛を起こしやすくなります。

 

特に、片頭痛になったことがある人は、
片頭痛が起こる条件がそろうので、
予防に努めなければなりません。

 

予防・解消法

 

臨月の頭痛には、
胎児に影響が出るので、
鎮痛剤を服用することはできません。

 

もし頭痛でつらいなら、
以下の方法を試してみましょう。

 

・暗くて静かな部屋で横になる
・規則正しい食事をする
・姿勢をよくする

 

・音楽を聴く、軽く体を伸ばす、
マタニティヨガをするなどして
リラックスする

 

・片頭痛には冷やしタオル、

 

鼻づまり、緊張型頭痛には
蒸しタオルを当てる

 

頭痛が起きても鎮痛剤に頼れないので、
そもそも頭痛を起こさないように
予防するのが最善です。

 

規則正しい生活、十分な休息をとります。

 

バランスのとれた食事はもちろん、
こまめに水分をとります。

 

また、鉄分を多く含む食品、
かつお、いわし、レバー、卵などを
積極的に食べるようにしましょう。

 

頭痛に悩まず、最後までマタニティライフを
楽しめるといいですね。

スポンサーリンク