ロキソニン60mgは頭痛の時何錠飲むの?

スポンサーリンク

ここでは、「ロキソニン60mgは頭痛の時何錠飲むのか」についてお話します。

 

頭痛でロキソニンを服用したいのだけど、
1回、あるいは1日に何錠
飲めるのでしょうか?

 

ここでは、ロキソニンの用法、
用量について紹介します。

 

ロキソニンをもっとよく知ろう!

 

・処方薬と市販薬

 

ロキソニンは、解熱鎮痛消炎剤として、
安全性や効き目が高いということで、
最もよく使われている薬です。

 

医師の処方により服薬することが一般的ですが、
第一三共ヘルスケアから発売されている
「ロキソニンS」はドラッグストアでも購入できます。

 

医師の処方するものと、成分量や添加物は
差異がありません。

 

ただし、第1類医薬品なので、
販売を許可されたドラッグストアで、

 

薬剤師から書面で適正な使用方法の
説明を受ける必要があります。

 

したがって、取り扱い店舗であっても、
薬剤師が不在の場合は購入できませんので、
注意してください。

 

・作用・副作用

 

主成分のロキソプロフェンは、
熱や炎症を引き起こすプロスタグランジン
という物質を抑制します。

 

医師が、胃腸薬と併せて処方するほど、
胃腸症状が副作用として出やすい
傾向にあります。

 

市販のロキソニンSは、
成分が胃に吸収されてから活性型に変化し、
効果を発揮するように作られています。

 

したがって、胃の負担が少なくてすみます。

 

・効能・効果

スポンサーリンク

頭痛、生理痛、歯痛、のどの痛み、腰痛、
関節痛、神経痛、筋肉痛、肩こり痛、耳痛、

 

骨折痛、ねんざ痛、外傷痛の鎮痛
悪寒・発熱時の解熱

 

以上のように、あらゆる炎症に効く薬剤です。

 

用法・用量

 

ロキソプロフェンナトリウム(無水物)は
1回60mg服用します。

 

1錠につき60mg含んでいるので、
ロキソニンSは、1回に1錠飲みます。

 

1日の服用回数は2回までです。
頭痛があらわれたときに、頓用として飲みます。

 

胃腸障害を防ぐために、
できるだけ空腹を避けることが賢明です。

 

服用して治まった後、再度頭痛が始まったときは、
3回目を服用できます。

 

その際は、服用間隔を4時間以上あけてください。

 

ロキソニンSは、
残念ながら15歳未満の服用はできません。

 

また、内臓疾患のある人、
ぜんそくやアレルギーのある人、

 

妊娠中、授乳中の人は、
必ず医師か薬剤師へ相談してください。

 

出産予定日12週以内の妊婦は服用できません。
服用前後の飲酒は禁止されています。

 

ロキソニンは扱いやすい解熱鎮痛消炎剤ですが、
あくまでも頓服として用いることが鉄則です。

 

3〜5日間服用しても頭痛が治まらない場合は、
服用を中止し、病院に行きましょう。

スポンサーリンク