ロキソニンゲルは肩こりに良いの?

スポンサーリンク

ここでは、「ロキソニンゲルは肩こりに良いのか」についてお話します。

 

つらい肩こりには、
外用のロキソニンがおすすめです。

 

貼り薬よりも使いやすいゲルタイプを紹介します。

 

外用ロキソニンを知ろう!

 

ロキソニンというと、
解熱鎮痛消炎剤の内服薬が一般的です。

 

炎症の原因となるプロスタグランジンという
物質を抑制する作用があり、
あらゆる炎症に用いられています。

 

内服と同じロキソプロフェンナトリウムを
経皮吸収型製剤として開発したのが外用薬です。

 

ゲルタイプの塗り薬と貼り薬(パップ、テープ)
が発売されています。

 

ただし、同成分の内服薬に比べて
効き目が劣るので、ひどい肩こりには
効果が期待できない場合があります。

 

血液中に吸収されることはないので、
内服薬のような胃腸症状などの副作用はありません。

 

まれに、塗った皮膚に
かゆみやかぶれを生じることがあります。

 

また、内服薬と同様、
ぜんそく症状のある人は
使用に際して注意が必要です。

 

妊娠中の人は、医師や薬剤師に
相談してください。

 

15歳未満の小児には
使用できません。

 

使いやすさならゲルタイプ!

 

ゲルタイプのメリットは、
有毛部にも使用できるという点です。

 

貼り薬は、産毛しか生えていない部位でも、
はがすときに痛みを伴う場合があります。

 

また、貼り薬は、
1人で肩や首に貼りにくいという
デメリットがあります。

スポンサーリンク

貼る際に、先がくるまったり
くっついたりしてうまく貼れない、
という経験は誰にもあるはずです。

 

その点、ゲルタイプは、首や肩でも
痛みのあるところにピンポイントで塗れ、
貼り薬を貼りにくい関節部分にも使えて便利です。

 

用法・用量

 

内服薬と同様、あくまでも
頓用として用います。

 

痛みのないときに漫然と使うのは
やめてください。

 

2週間以上続けての使用はできません。

 

1日3〜4回患部に塗ります。

 

1回あたり8cm(約2g)を塗り、
1週間に50gは超えないでください。

 

第一三共の「ロキソニンSゲル」1本の
内容量は25gです。

 

したがって、1週間に2本以上は
使わないでください。

 

5、6日経っても痛みが治まらない場合は、
使用を中止し、病院で受診しましょう。

 

内服薬もそうですが、
ロキソニンはあくまで頓用で、
対処療法薬に過ぎません。

 

肩こりが慢性的に続くようであれば、

 

悪い姿勢を改善する、ストレスを軽減する、
整体や鍼灸、カイロプラクティックの
施術を受けるなど、

 

根本的な解決法が必要です。

 

できるだけ薬に頼らない生活を
送ることを心がけましょう。

スポンサーリンク