生理2日目の頭痛の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「生理2日目の頭痛の時」についてお話します。

 

貴女は生理の時に、頭痛を感じた経験がありますか?

 

特に普段から片頭痛に悩まされている女性は、
生理の時に頭痛を感じることが多いです。

 

よく、片頭痛と生理は関係しているということも聞きます。
そこで今回は、生理と頭痛について紹介します。

 

月経周期と片頭痛

 

片頭痛で悩む女性の約半数は、
片頭痛が月経と関連して起こることを自覚しています。

 

実際に月経開始の2日前から
月経3日目までに片頭痛の発作を起こす人が多いです。

 

それは、女性ホルモンの
エストロゲンが関係しています。

 

エストロゲン分泌量は、
月経周期に伴って大きく変動して、
排卵日と月経開始期に急激に低下します。

 

このエストロゲンの分泌量の急激な変動が、
頭痛発作に大きく関係しているのです。

 

エストロゲンの変動が少ない妊娠中は、
一時的に偏頭痛がおきにくくなるのはこのためです。

 

月経に関連した片頭痛の特徴

 

月経関連片頭痛の特徴は、

 

・月経に伴っておこる
・普段より症状が重い(持続時間が長い、再発しやすい)
・前兆の無い偏頭痛

 

など、です。

 

月経開始2日前から月経
3日目までにおこるものを言います。

 

ほかの時期の片頭痛に比べて痛みが強く、
持続時間が長い、再発しやすいといった特徴があり、
市販の鎮痛薬では十分に効かないことも多いです。

スポンサーリンク

月経に伴って起こるので、
その時期が来るのを恐れるようになってしまい、

 

偏頭痛が無い時期も不安な気持ちで
過ごしがちになってしまいます。

 

また、月経中の片頭痛は重症度が高いので、
トリプタン系薬剤の使用が推奨されています。

 

効果が不十分なのに市販の鎮痛薬を服用していると、
薬剤の使用過多による頭痛に
陥ってしまう可能性があります。

 

早めに医師に相談することが大切です。

 

対処法

 

生理なると、むくみやすく体が冷えやすくなります。

 

生理になって頭痛を感じる場合、
お風呂に入って楽になるかどうかで
ある程度判断できます。

 

頭痛には、「緊張性頭痛」と「片頭痛」があります。

 

緊張性頭痛は体が温まると痛みが緩和し、
片頭痛は温めると気持ち悪くなってしまいます。

 

もし自分の頭痛が「緊張性頭痛」であったら、
下半身を温めるようにしましょう。

 

血行がよくなると楽になります。

 

反対にもし「片頭痛」であれば
逆効果になってしまうので気をつけましょうね。

 

このように、生理の2日目に感じる頭痛は、
女性ホルモンに関係しているのです。

 

冷えによる可能性もあります。

 

我慢せずに、自分の頭痛の原因を知って、
生理のときも気分が良く過ごせるようになると良いですね!

スポンサーリンク