水泳で肩こりが悪化する時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「水泳で肩こりが悪化する時」についてお話します。

 

肩こりに水泳は効果あり?!

 

肩こりの原因は、血液の循環が悪くなって、筋肉が固まることで起こるので、
運動をして血流を良くしましょうということをよく言われています。

 

肩こりが楽になるようにと何かスポーツを始めようと思い、
肩こりに効果がある水泳を選ぶ人も少なくありません。

 

しかし、なかなか効果が出ない、こりがひどくなってしまったなど、
水泳で間違った運動のやり方をすると逆に肩こりを悪化させてしまいます。

 

正しい水泳の知識を身につけることで、肩こり解消をしていきましょう。

 

肩こりの原因になっている、疲労物質である乳酸は、酸素によって分解されます。

 

ですので、水泳の息継ぎをして全身に酸素が行き渡るという運動は、
有酸素運動で乳酸を分解するので、肩こりの解消に効果的です。

 

クロールなど肩周辺の筋肉を動かし、左右バランスよく使う事で、
肩の血行が良くなるのも特徴です。また、自分のペースでゆっくりでき、
浮力の力で体に無理な負担をかけずに長く続けられるというメリットもあります。

 

水泳で肩こりする原因

スポンサーリンク

水泳は、有酸素運動で、体の負担も少なく、
肩こりにもってこいのスポーツのようですが、
平泳ぎには注意が必要なのです。

 

平泳ぎは、首をそらせて頭を上げて息継ぎをするために、
頚椎を圧迫してしまい、
首の筋肉へ必要以上に負担をかけてしまいます。

 

肩甲骨の歪んでいる人は、泳ぎ方で
さらに肩こりが悪化する場合があります。

 

肩甲骨が前によっている人は、肩を後ろに回す方が良いので背泳ぎをすると良く、
逆に後ろよりの人は、肩を前に回すクロールをすると良いのですが、
逆方向の泳ぎをしてしまうと更に肩甲骨がずれてしまうので、注意が必要です。

 

有酸素運動は、ゆっくり泳ぐことで効果をあげますが、
全力で力を入れて泳いでしまっては、

 

有酸素運動もできなくなり、力が入りすぎる為、
逆効果になって肩こりを悪化させてしまいます。

 

肩こり解消のために泳ぐ場合は、ゆっくり力を抜いた状態で泳ぎ、
自分の体に合った泳ぎ方をして血流を良くして、肩こりを解消しましょう。

スポンサーリンク