男で脇の下が痛い肩こりの時には1時間に10分間休憩する!

スポンサーリンク

ここでは、「男で脇の下が痛い肩こり」についてお話します。

 

まずはじめに男性には男性特有の、
女性には女性特有の「頭痛や肩こり」の原因があります。
また、男性には男性特有の、
女性には女性特有の「肩がこる体の部位」があります。

 

肩こり 脇の下 痛み」でもお話しましたが、今回は
男性で脇の下が痛い肩こりの解説をします。

 

男性で脇の下が痛い原因とは?

 

最近は「働く女性」が増加の一途をたどっています。
けれども、まだまだ、仕事の現場では看護師さんなどを除いては、
「男社会」なのが、一般的と言えます。

 

育メンや主夫といった、男性も増えているようですが、
まだまだ「働く男性」が、一家の大黒柱として、
毎日会社へ通勤している家庭の方が多いのが現状です。

 

一方では、全世界的にIT化が進み、もはやパソコン無しでは、会社の仕事が、
出来なくなってしまっている、時代となりました。
ですから「働く男性」とは、一日中パソコンの前に座って、
うつむき加減の姿勢で、仕事をする方も多いのです。

 

この「うつむき加減の姿勢」を長時間続けると、筋肉が固くなってしまい、
肩こりの原因となります。

スポンサーリンク

また、肩周辺の筋肉が固くなりますと、当然その裏側にあります、
「脇の下の筋肉」も固くなってしまいます。
これが、男性で脇の下が痛い原因だと言えます。

 

男性で脇の下が痛い肩こりの対処法とは?

 

これは私の体験談なのですが、以前「管理者養成学校」という所へ
会社からの命令で、2週間ほど行かされたことがありました。
その教育プログラムの一つに「30キロメートルをチームで歩く」
という科目がありました。

 

この時先生から受けた指示は、
「50分歩いて10分休憩を繰り返す」でした。

 

ですから、男性で脇の下が痛い肩こりの対処法とは、
一時間に一回は10分ほどの休憩を取って、
軽いストレッチなどの体操をすることなのです。

 

「それじゃあ、仕事にならない」と言われる方も
おそらく多いはずです。
しかし、日本人は世界的見地から見ても「働き過ぎ」である、
という、動かしがたい事実があります。

 

また、男性で脇の下が痛い肩こりが治らない方は、
早めに病院へ行って、医師の診断をあおぐことを、おすすめしておきます。

スポンサーリンク