頭痛薬と飲酒の関係とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛薬と飲酒の関係」についてお話します。

 

頭痛薬に風邪薬に花粉症の薬。
今薬局に行くと、処方箋の薬とほとんど同じような成分の薬が
ずらりと並んでいます。

 

頭痛薬ひとつとっても種類がとても豊富で迷ってしまうほどですよね。
それほど私たちにとってとても身近で便利な市販薬ですが、
服用する際の注意点を必ず守らなくてはいけません。

 

頭痛薬の注意点って?

 

市販薬の中でも特に身近なのが頭痛薬です。
自宅だけではなく普段持ち歩くかばんやポーチの中に
常備しているという人も多くいることと思います。

 

そんな頭痛薬ですが、服用する際は必ずその薬の
説明書きを読み絶対に注意点を守るようにしなくてはなりません。

 

例えば飲酒をしている際に服用したり、
規定の服用間隔を守らずに服用したりするのは危険なので絶対にやめましょう。
また妊娠中の人や小児は様々な影響が出る可能性があるので避けてください。

 

そして車などを運転する予定がある人も服用を避けてください。
服用により眠気が出て事故につながる恐れがあります。

 

このように頭痛薬を服用する際には必ず守らなくてはいけないことが
たくさんあるので気を付けてください。

スポンサーリンク

頭痛薬の服用前後の飲酒は厳禁?

 

社会人は仕事の一環のような形で飲み会など飲酒をする機会が多くありますよね。
飲酒の前後は頭痛薬を服用することはできませんが、
頭痛の来る時間帯をコントロールしたりすることは不可能です。

 

だからといって飲酒の前後に頭痛薬を服用すると、
頭痛薬の副作用が強く表れる場合があるので大変危険です。

 

同じ時間帯にそれらを摂取することで、
腹痛や吐き気、動機などを引き起こす可能性があります。

 

これは薬よりもアルコールのほうが体内での処理の優先順位が先なので、
薬が体内に残る時間が長くなって胃が荒れたり副作用が
強く出たりすることが大きな原因です。

 

それでも頭痛はつらいもので、
我慢するのは困難だという場合もあるかと思います。

 

服用するのであればアルコールが分解される時間を計算して
その時間を空けて服用するようにしてください。

 

お酒の多くは3時間ほどで分解されるので、
最低でも飲酒の前後3時間は空けるようにしてください。
お酒も頭痛薬も上手な付き合い方をしてくださいね。

スポンサーリンク