頭痛が後頭部右上の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が後頭部右上の時」についてお話します。

 

今の日本人は頭痛に悩まされる方が多く、3人に1人が頭痛持ちです。
後頭部の右上が頭痛がしてたまらなく痛くて
どうしようもないことがあったという方も多いです。

 

後頭部の右側の頭痛の原因や考えられる病気などをご紹介します。

 

原因!

 

1:目の疲れ
2:肩や首のこり
3:筋肉の収縮
4:ストレスが重なっている
5:自律神経の異常、大きな病気

 

最も大きな原因はストレスです。
ストレスを抱えながらうつ向きながらの作業で頭痛になる人が多いです。

 

右上の後頭部が痛い!

 

右上の後頭部が痛い時に考えられる病気として「群発頭痛」があります。

 

群発頭痛:立っていられないほど痛みが激しく生活に支障が出ます。
1度痛み始めると毎日という程頭痛がします。

 

そして痛みがなくなるまでには1〜2ヶ月かかることが多いです。
群発頭痛が起きる原因としては、アルコールや喫煙です。
よくお酒を飲んでいたり、喫煙を毎日沢山している方によく起こります。

スポンサーリンク

対処法としてはアルコールや喫煙を控えて生活リズムを整えていくことです。
そして季節の変わり目などにも発症しやすいので気をつけて下さい。

 

後頭神経痛:後頭部の刺激を受けることで起こります。
慢性的に感じるような痛みではなく、ピキっとした痛みが特徴です。
うつ向く姿勢や長時間同じ姿勢によって後頭神経痛が起きてしまいやすいです。

 

対処法は、適度に休憩したり前かがみにならないような姿勢をとることが効果的です。

 

痛みや発症しやすい人!

 

痛みには個人差があり、髪の毛を触ると痛いという方もいれば
後頭部がズキズキして何もできなくなるというものまであります。

 

そして、ストレスが多かったり仕事が終わる時間が遅く、
運動不足になっている人は特に気をつけてください。
頭痛が起きる可能性が十分にあります。

 

頭が痛くなると普段の生活や仕事にも影響がでてしまいます。
自分の健康、そして色んな人に迷惑がかからないようにするためには
今自分がどうしたらいいのかを考えていく必要があります。

 

頭痛が起きる前に生活習慣を見直していくと頭痛も
おきにくくなるので自分の行動を改め直すことも大切です。
それでも頭痛がひどいようなら医療機関へ行って受診することをオススメします。

スポンサーリンク