頭痛で毎日ロキソニンの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛で毎日ロキソニンの時」についてお話します。

 

頭痛は、日本人の現代病
といわれるくらい多くの人が
悩まされているものです。

 

この頭痛の痛みを鎮めるために、
ロキソニンという薬を内服している方も
多いのではないでしょうか。

 

特に市販で売られているロキソニンは、
毎日服用しても大丈夫なものでしょうか。

 

副作用があると聞くと、
不安になってしまいますよね。

 

そこで今回は、頭痛薬のロキソニンは毎日飲んでいいか、
どんな副作用があるか紹介します。

 

副作用の可能性1:胃炎

 

解熱鎮痛剤の成分として
「ロキソニン」が入っている薬が市販されています。

 

この解熱鎮痛剤(頭痛薬)の
副作用として代表的なものが、胃炎です。

 

解熱鎮痛剤を飲み続けると、
胃粘膜の防衛機能が低下して、
胃の粘膜が胃酸で溶けてしまいます。

 

すると、びらん性胃炎となってしまい、
ひどい場合は胃潰瘍や胃がんになることもあるのです。

 

病院で解熱鎮痛剤を処方する際に、
一緒に胃薬が処方されるのは、
この副作用を軽減するためなのです。

 

びらん性胃炎は、あまり自覚症状がありません。

 

また、胃を守るためには、
食後すぐに薬を飲むことが大切になります。

 

どうしても空腹時に飲む時は、
牛乳で飲むのも良いと言われています。

 

牛乳の脂質やたんぱく質が胃粘膜に付着し、
保護膜となると考えられているためです。

 

牛乳が無い場合は、
大量の水と一緒に飲みましょう。

 

水が少ないと薬が溶けきれずに
食道に張り付いてしまい、
食道がただれてしまうことがあります。

 

副作用の可能性2:薬物乱用性頭痛

 

びらん性胃炎を起こすような飲み方をすると、
ほぼ確実に薬物乱用性頭痛になります。

 

この頭痛は、頭痛薬の飲みすぎによって起こります。

 

頭痛薬が原因となって頭痛が起き、
その頭痛をおさえるためにまた薬が必要となる
という悪循環に陥ってしまうのです。

スポンサーリンク

頭が痛いからといって毎日頭痛薬を飲んでいると、
かえって症状をこじらせてしまうことがあるのです。

 

頭痛薬を月に10日以上飲んでいる場合は、
この薬物乱用性頭痛に陥っている
可能性があるので注意が必要です。

 

副作用の可能性3:その他

 

その他に、ロキソニンを服用した副作用として

 

・便秘
・むくみ
・胃痛

 

などが起こることがあります。

 

便秘の症状は、ロキソニンの副作用で
「腎障害」や「肝障害」と
なっている可能性があります。

 

腎臓や肝臓は、胃やお腹の働きを整えてくれるのですが、
うまく働かなくなると、うまく消化できずに
便秘になってしまうのです。

 

もし今まで便秘に悩まされたことがなく、
急に便秘になった場合は、
ロキソニンの副作用の可能性が高いです。

 

むくみの症状は、ロキソニンの作用によって
影響を受けている可能性があります。

 

ロキソニンには、水分を体の外に出す
働きをする物質の働きを抑える作用があります。

 

この作用によって利尿が減って、
むくみやすくなってしまうのです。

 

あまりにむくみがひどいと、
体重が増加してしまったり

 

冷えの原因となってしまったりと、
他の体の機能にも影響が出てきてしまいます。

 

このように、ロキソニンを毎日服用することで、
様々な副作用が現われる可能性があるのです。

 

月に10日以上服用するのは
やめたほうが良いでしょう。

 

頭痛は、市販薬にばかり頼らず、
病院できちんと治療をうけることも大切ですよ!

スポンサーリンク