頭痛めまいは何科を受診するの?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛めまいは何科を受診するのか」についてお話します。

 

頭痛やめまいがあると、
何をするにも気になって集中できないものです。

 

「何か悪い病気ではないか?」

 

と不安になることもあるでしょう。

 

ひどい頭痛やめまいの時には、
病院に行こうと考えるはずです。

 

しかし、頭痛やめまいと言った症状は、
いったい何科を受診すれば良いのか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、頭痛やめまいの原因と、
何科を受診したらよいのかを紹介します。

 

原因

 

頭痛やめまいは、ほとんどの人が
経験したことのあるものです。

 

症状が軽いものから、重いものまで様々ですよね。

 

改善するには、まず原因を見極めないといけません。

 

原因と考えられるものは、

 

1. 緊張型偏頭痛

 

症状は、頭全体もしくは高等部全体や首筋などが、
何かに締め付けられるような鈍い痛みを感じます。

 

軽い者なら30分で治まりますが、
ひどいものだと1週間程度続くこともあります。

 

その場合は、めまいや
ふらつきも感じることがあります。

 

子どもからお年寄りまで幅広く出現し、
たまに起きる反復性緊張型頭痛と、
毎日続く慢性緊張型頭痛があります。

 

2.偏頭痛

 

症状は、頭の左右どちらか片方が
ドクドクと脈打つように傷みます。

 

軽い場合は頭痛だけですが、
ひどくなるとめまいや吐き気に繋がります。

 

雨の前などの天候の変化や気圧の変化、
ストレスや疲労、カフェインの摂り過ぎ、
女性は生理などでおこります。

 

3.高血圧もしくは低血圧

 

低血圧の場合には、特に合併症がなく
頭痛やめまいを感じることがあります。

 

高血圧の場合には、頭痛やめまいだけでなく
心不全や脳出血、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの
命にかかわる合併症が起きる可能性があるので注意が必要です。

 

高血圧の場合はすぐに病院を受診しましょう。

 

4.眼精疲労

 

目の疲れが蓄積されると、
血液の循環が悪くなるので、
視性めまいというふらつきが起こります。

 

この症状は、特にパソコンに向かう
デスクワークの人や、スマホの
長時間使用する人に良く見られます。

 

5.低血糖

スポンサーリンク

空腹を我慢するなどして、
低血糖になったときに頭痛や
めまいが起きる場合があります。

 

お腹がすいた時点ではこの症状はでないので、
この時に糖分を摂取すれば予防できます。

 

6.熱中症

 

熱中症でも、頭痛やめまいが起きることがあります。

 

軽いものから重いものまでありますが、
放っておくと危険です。

 

7.耳や脳の異常

 

耳の中には三半規管や耳石器、前庭神経があり、
脳には脳幹や小脳などの平衡感覚を司っている器官があります。

 

これらに異常が起きると、頭痛やめまい、
吐き気などの症状がでるのです。

 

代表的なものに、メニエール病、突発性難聴、
前庭神経炎、中耳炎などの病気があります。

 

何科に行けばいいのか

 

頭痛やめまいの原因は様々にあるので、
原因によって受診する病院を決めなければなりません。

 

しかし、自分では良く分からない、
近くに頭痛専門の病院がないという場合もあります。

 

そんな時は、

 

・内科
・神経内科
・脳神経外科

 

・耳鼻咽喉科
・ペインクリニック

 

などを受診してみましょう。

 

軽いものから命に関わるものもあります。

 

自己判断せずに、早めに
病院を受診するようにしましょうね。

 

 

頭痛やめまいへの自分での対処法

 

ひどい頭痛やめまいの場合、
病院に行くにしろ少しでも改善させたいものです。

 

そんな時に自分でできる対処法は、

 

・肩こりを伴う場合は、肩を温めたりマッサージをして
 筋肉をほぐしたりして血行をよくし、
 リラックスするようにしましょう。

 

・吐き気を伴う場合は、横になって安静にし、
 少し睡眠をとると落ち着くことが多いです。

 

・目が回る場合は、目を軽く閉じて横になりましょう。
 頭をなるべく動かさず、治るまでじっとしているようにしましょう。

 

・手足のしびれ、視界がぼやける場合は、
 熱中症の可能性があります。

 

 しびれが出たら、すぐに救急車を呼びましょう。
 軽度の場合は、速やかに涼しい所に移動して
 こまめに水分補給をすることが大切です。

 

このように、頭痛やめまいを感じたら
早めに受診することが大切なのです。

 

頭痛専門の病院が必ずしも近くにあるとは限りません。

 

上記にあげたような病院、科を受診して、
しっかり治療をしてくださいね。

スポンサーリンク