頭痛が右側頭頂部の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛が右側頭頂部の時」についてお話します。

 

頭痛にもいくつかタイプがあり、原因や症状も様々です。
右側の頭頂部が急に痛くなり、何かの病気なのかと疑ってしまうこともあります。
頭頂部の右側の頭痛についてご紹介します。

 

頭頂部の頭痛!

 

頭頂部の頭痛の多くは「緊張型頭痛」です。
緊張型頭痛とは、ストレスで体の筋肉が緊張して起こる頭痛です。
筋肉の緊張から起こる為、首や肩こりも起こしてしまいます。

 

対処法は、筋肉をほぐすことで首や肩こりはもちろん、頭痛も緩和できます。
首を回したストレッチやお風呂の中に使ってマッサージをして
筋肉の緊張を和らげることが大切です。

 

他の病気の可能性も!

 

頭頂部の頭痛は他にも病気が考えられます。
緊張型頭痛に対する対処法をやっても痛みが和らがない時は
別の疾患の可能性があります。

 

1:高血圧

 

頭頂部が重たくなったり体がだるくなる特徴がみられます。
頭痛を放っておくとくも膜下出血などになる危険性もあるので注意が必要です。

 

対処法は、日々の生活を見直すことです。
アルコールやたばこを控え、運動や睡眠を十分にとることで
症状を落ち着かせることができます。

スポンサーリンク

2:慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

 

頭頂部に頭痛を感じ、頬や歯、歯茎が痛くなることがあります。
頭痛がしながら鼻づまりが治らなかったり風邪がずっと治らない時には
副鼻腔炎の可能性があります。

 

治療法は抗生物質の投薬治療をおこないます。

 

3:脳腫瘍

 

頭蓋骨の中にある腫瘍ができる病気です。

 

しかし、腫瘍の場所によって頭頂部が激しく痛み吐き気や嘔吐などの症状があります。
手術をして脳腫瘍を切除しなければ治らないので
早めに病院へ行って受診することが一番です。

 

日本人の3人に1人は頭痛持ちと言われているのが現状ですが
頭痛をずっとそのままにしておくと危険な病気になることもあります。

 

そしていつもと違う痛みの場合には1人で抱え込まずに
病院の医師に相談してみて下さい。

 

検査をしてもらうことで自分の頭が今どうなっているのか、
どこが悪いか分かりますし、何よりも診てもらうと安心します。

 

頭痛がストレスと感じてもっと悪化してしまうこともあるので
自分なりのストレス解消法などを見つけて
頭痛予防をすることも必要になってきます。

スポンサーリンク