頭痛の治し方でこめかみとは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛の治し方でこめかみ」についてお話します。

 

こめかみが脈を打つような痛みを起こし悪化することで
頭痛になったという方も多くいます。
頭痛とこめかみの関係性と治し方についてご紹介します。

 

こめかみが痛む頭痛の症状!

 

これは、「偏頭痛」の症状と考えられます。
週1回〜月1回以上の頻度で繰り返し起こってしまいます。
そして数時間から3日間ほど続くことが特徴です。

 

原因!

 

たび重なる大きなストレスや日頃食べている食べ物、
そして寝不足などに引き起こすことが多いです。

 

こめかみ付近の血管が急に拡張することで頭痛を引き起こしてしまいます。
こめかみの痛みと同時に目の周りや頭の全体にまで痛むことがあります。

 

日々の生活習慣!

 

テレビや携帯、パソコンなどの光によって頭痛が起きてしまったり、
前かがみの姿勢をとっていることでも悪化することがあります。
偏頭痛持ちの方は長時間扱うのを辞めて途中で休憩をとることをオススメします。

 

そして食べ物では頭痛を引き起こすことがある食品もあるので注意が必要です。
チョコレートやアイスクリーム、卵、豚肉、チーズの摂りすぎにも気をつけて下さい。
飲み物ではアルコールやカフェインが入っているものは控えて下さい。

 

しかし、カフェインが含まれている飲み物は血管を収縮する成分が入っているので
カフェインを摂ることで頭痛が治るという説もあります。
どちらにしろ1日1〜杯程度にしておいて下さい。

スポンサーリンク

治し方(解決法)!

 

痛む部分に氷枕や水で冷たく冷やした濡れタオルなどを当てます。
ある程度頭痛が治まるまで冷やして下さい。

 

そして頭痛が治まったからといってすぐに作業にとりかかるのではなく、
部屋を暗くして静かな場所で安静にしておくことが最も大切です。
頭痛の原因にもなってしまう、睡眠不足や寝すぎにも注意です。

 

仮眠をとるぐらいの15分ぐらいが一番ベストです。
それでも治らない場合には薬を飲んで下さい。

 

しかし市販の薬よりも病院で処方された
薬を飲んだ方が安心ですし、効き目もあります。

 

市販の薬は自分に合っていない薬かもしれないので
まずは病院に行って受診した方がいいです。

 

こめかみからくる頭痛には疲れがたまっていたり、
首や肩のこりから発症してしまうことがあります。

 

我慢できるから我慢しているのでは
痛みを放置しているのと同じことなので、我慢はしないで下さい。

スポンサーリンク